男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ショック集団

  • しょっくしゅうだん
  • Shock Corridor
  • Shock Corridor
  • 平均評点

    71.3点(89人)

  • 観たひと

    147

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    22

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1965/9/28
上映時間 101分
製作会社 アライド・アーティスツ作品
配給 ユーロスペース
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

場面

解説

精神病院を舞台に、殺人事件の謎を追う新聞記者の姿を描くサスペンス・ドラマ。監督・製作・脚本は「裸のキッス」のサミュエル・フラー、撮影はスタンリー・コルテス、音楽はポール・ダンラップが担当。2016年2月20日より開催される特集上映『サミュエル・フラー連続上映!』にて再上映(配給:boid 提供:マグネット・コミュニケーションズ)。

あらすじ

精神病院で起った殺人事件の犯人を突き止めるために、新聞記者ジョニー(ピーター・ブレック)が1年間の訓練を受け、狂人として病院内に潜入して真実を探る。自分の恋人キャシー(コンスタンス・タワーズ)を妹と偽り、面会に来させて外部との連絡に使い、他の患者と接触して情報収集に励むのだが、彼らの狂気の姿と異常な環境の影響で、次第に自分自身の精神のバランスを崩していく。思わぬ犯人が判明し、彼は念願のピューリッツァー賞を受賞するが、その時にはすでに、彼自身も狂気の世界に完全に足を踏み入れてしまっていたのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1993年1月上旬新年特別号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):ショック集団

1965年9月上旬号

外国映画紹介:ショック集団