男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

庭から昇ったロケット雲

  • にわからのぼったろけっとぐも
  • The Astronaut Farmer
  • THE ASTRONAUT FARMER
  • 平均評点

    67.5点(38人)

  • 観たひと

    69

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2007
公開年月日 2008/7/5
上映時間 104分
製作会社
配給 デスペラード
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

自作ロケットで宇宙飛行を夢見る農場主と、それを支える家族を描いたヒューマン・ドラマ。「ツイン・フォールズ・アイダホ」のマイケル&マーク・ポーリッシュ兄弟のマイケルが監督と脚本、マークが脚本とFBI捜査官役を担当した。出演は、「チョコレート」のビリー・ボブ・ソーントン、「サイドウェイ」のヴァージニア・マドセン。

あらすじ

子供のころから宇宙飛行士を夢見ていたチャーリー・ファーマー(ビリー・ボブ・ソーントン)は航空宇宙工学の修士を獲得し、空軍にパイロットとして入隊した。そしてNASAの宇宙飛行士訓練プログラムに参加するが、父親の急死で実家の農場を継ぐことになる。しかし帰郷して10年、彼はロケットを自作して農場から宇宙へ行こうとしていた。妻オーディ(ヴァージニア・マドセン)や15歳の息子シェパード(マックス・シエリオット)、2人の娘サンシャイン(ローガン・ポーリッシュ)とスタンリー(ジャスパー・ポーリッシュ)、オーディの父ハル(ブルース・ダーン)は、そんな彼の夢を支えていた。しかし街の人々は、彼を変わり者として扱っていた。家族全員で打ち上げ準備を始めた矢先、問題が起こる。1万ポンドの高レベルのロケット用燃料を確保しようとしたことがFBIの耳に入ると、危険人物として捜査員のキルボーン(ジョン・グリース)とマチス(マーク・ポーリッシュ)に監視されることになったのだ。しかし友人の弁護士マンチャク(ティム・ブレイク・ネルソン)の機転で、情報をマスコミに流す。マスコミはファーマーを変わり者のヒーローとして報道し、それによって彼は多くの支援者を獲得する。しかし、FBI、CIA、連邦航空局や軍隊はロケットをミサイルと見なして、彼の計画を阻止できるよう準備していた。そのとき、昔の仲間だったマスターソン大佐(ブルース・ウィルス)がファーマーを訪ねてくる。マスターソンもファーマーの打ち上げを止めようとするが、ファーマーは揺るがなかった。

関連するキネマ旬報の記事

2008年9月上旬号

劇場公開映画批評:「庭から昇ったロケット雲」

2008年8月上旬号

REVIEW 2008:「庭から昇ったロケット雲」