男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

片腕マシンガール

  • かたうでましんがーる
  • The Machine Girl
  • THE MACHINE GIRL

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    64.1点(72人)

  • 観たひと

    129

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本 アメリカ
製作年 2007
公開年月日 2008/8/2
上映時間 96分
製作会社 FEVER DREAMS
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督井口昇 
アクション監督鈴村正樹 
アクション監督補園村健介 
特技監督西村喜廣 
脚本井口昇 
エグゼクティブプロデューサージョン・シラベラ 
プロデューサー羽山陽子 
千葉善紀 
中村聡 
撮影監督長野泰隆 
美術黒須康雄 
音楽監修中川孝 
録音横野一氏工 
音響効果渡部健一 
勝亦さくら 
佐々木敦生 
照明安倍力 
編集田辺賢治 
スタイリスト杉本京加 
ヘアメイク山崎陽子 
選曲石井ますみ 
制作主任荻野一ニ三 
制作担当遠藤肇 
制作進行小川大樹 
松林淳 
助監督城定秀夫 
スクリプター/記録吉岡華子 
スチール副田宏明 
長浜谷晋 
SFX/VFXスーパーバイザー鹿角剛司 
CGスタッフ水石徹 
三宅仁 
望月洋平 
残酷効果西村喜廣 
アクションスタッフ川本耕史 
アクションアドバイザー下村勇二 
キーグリップ鈴木睦直 
タイトルロゴ高橋ヨシキ 
技術コーディネーター山田宏幸 
整音助手今村寿志 
特殊メイク助手奥山友太 
下畑和秀 
ナコシサヤコ 
監督助手家次勲 
大木正吾 
装飾越智利治 
特殊造形石野大雅 
奥山友太 
下畑和秀 
ナコシサヤコ 
整音吉田憲義 
ポスタービジュアル・デザイン高橋ヨシキ 

キャスト

出演八代みなせ 日向アミ
亜紗美 杉原ミキ
西原信裕 木村翔
川村亮介 日向ユウ
石川ゆうや 杉原スグル
岸建太朗 藤井ヨウスケ
木嶋のりこ ヨシエ
内ヶ崎ツトム 
屋敷紘子 
吉田浩之 
デモ田中 ヤクザ金子
岡本良史 
川本直弘 
稲留正樹 
福島徹 
川本耕史 
園村健介 
秀平 杉原タケシ
内舛聖矢 
照井健仁 
加藤拓也 
濱松敏廣 
伊藤匠 
山田優太 
真鍋卓也 
高橋かすみ 
寺島絵里香 
笹木彰人 
しいたけお 
加治木均 
四方宗 
大迫茂生 
福沢博史 
杉本凌士 
菜葉菜 藤井マサコ
島津健太郎 木村組組長・木村龍二
穂花 木村スミレ
諏訪太朗 ヤクザ

解説

マシンガンの腕を持つ女子高生が、ヤクザや忍者に復讐を果たすスプラッター・アクション。日本のアクション映画をヒットさせてきた北米のビデオメーカー、メディアブラスターズ製作で、日本の映画界の枠に捉われない過激な描写が満載。監督は「恋する幼虫」の井口昇。出演はグラビアアイドルの八代みなせ、「おいら女蛮」の亜紗美。

あらすじ

両親を亡くした日向アミ(八代みなせ)は、スポーツが得意で明るい女子高生。家族は弟・ユウ(川村亮介)だけだが、慎ましくも幸せに暮らしていた。しかしユウは容赦ないいじめを受け、命を落とす。警察はユウの死を自殺として処理したが、アミは誰かが弟を殺したのではないかと不審に思う。そんなとき、ユウが遺した「殺したい奴」ノートが見つかる。そしてアミは、服部半蔵の血を受け継ぐヤクザの息子・木村翔(西原信裕)が主犯であると突き止める。アミはまず、事実を隠ぺいしようとした翔の舎弟とその両親に復讐を果たす。そして翔の元へ行くが、逆に囚われの身となってしまう。そして翔の父・龍二(島津健太郎)と母・スミレ(穂花)の残虐無道な拷問を受け、遂には片腕を失う。アミはそれでもなんとか脱出し、同じように翔のいじめで息子・タケシ(秀平)を失った母親・杉原ミキ(亜紗美)を訪ねる。しかしミキは息子を守れなかった自分への苛立ちから、アミを受け入れることができない。2人は腕相撲で想いをぶつけ合い、復讐を誓う。それを見ていたミキの夫で、自動車整備工場を営むスグル(石川ゆうや)は、鋼鉄の腕“ハンド・マシンガン”を造り、アミに授ける。再び復讐を果たすために、アミの猛特訓が始まる。

関連するキネマ旬報の記事

2008年9月下旬号

劇場公開映画批評:「片腕マシンガール」

2008年8月上旬号

Kinejun Select キネマ旬報が選ぶ今号の3本:「片腕マシンガール」