男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

インクレディブル・ハルク

  • いんくれでぃぶるはるく
  • The Incredible Hulk
  • THE INCREDIBLE HULK

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    67.9点(705人)

  • 観たひと

    1201

  • 観たいひと

    28

  • レビューの数

    71

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2008
公開年月日 2008/8/1
上映時間 112分
製作会社
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/ドルビーSR/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

「スパイダーマン」の生みの親スタン・リーが作り上げた異色のヒーロー“ハルク”。緑の肌と怪力で人気のキャラクターを、「アメリカン・ヒストリーX」のエドワード・ノートン主演で映画化。超人的な力を手にしてしまったが故に、軍から追われることになる科学者の戦いを描く。監督は「トランスポーター」のルイ・レテリエ

あらすじ

人体への放射線の影響を研究していた科学者ブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、研究中の事故により怒りとともに巨大な緑色のモンスター=ハルクに変身する能力を得る。実験の責任者だったロス将軍(ウィリアム・ハート)は、その能力を軍事利用するために彼の後を追っていた。ブルースは追跡を逃れてブラジルに潜伏、自らの治療薬開発に取り組んでいた。だが、彼の居所を突き止めたロス将軍は、エミル・ブロンスキー(ティム・ロス)率いる特殊部隊を派遣。窮地に陥るブルースだったが、間一髪ハルクに変身して危機を脱する。ブロンスキーはブルースを取り逃がすが、彼は初めて目にしたハルクの圧倒的なパワーに魅了される。そして、自分もその力を得ようと、軍が極秘に進めていた兵力強化の“スーパー・ソルジャー計画”に志願。皮肉にも、ブルースがハルクになるきっかけとなった実験はこの計画の一環だった。一方、ブルースは治療の鍵を握る“ミスター・ブルー“を訪ねて5年ぶりにアメリカ国内へ。彼がまず会いに行ったのは、かつての恋人でロス将軍の愛娘でもあるベティ(リヴ・タイラー)。新しい恋人と交際しつつも、ブルースの事を思い続けていたベティは、彼との再会を喜ぶ。そんな二人に迫るロス将軍とブロンスキーの追跡の手。絶体絶命のピンチに、ハルクとなったブルースはベティを救出して姿を消す。逃亡の途中、ベティはハルクことブルースの苦悩を理解し、ブルースを“ミスター・ブルー”ことスターンズ(ティム・ブレイク・ネルソン)と引き合わせる。しかし、そこにロス将軍率いる部隊が乗り込み、ブルースを拘束する。ブルースの血清を手に入れたブロンスキーは、それを自らの体内に注入。すると、またたく間に彼の肉体は変異、ロス将軍の予測をはるかに超えた事態を引き起こす。ニューヨーク、そしてベティの身に迫る危機。ブルースは愛する者のために、自らハルクになることを決意する。

関連するキネマ旬報の記事

2008年9月下旬号

劇場公開映画批評:「インクレディブル・ハルク」

2008年8月下旬号

REVIEW 2008:「インクレディブル・ハルク」

2008年8月上旬号

特集 「インクレディブル・ハルク」:作品評

特集 「インクレディブル・ハルク」:エドワード・ノートン インタビュー