男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ

  • ほーとんふしぎなせかいのだれだーれ
  • Horton Hears a Who!
  • HORTON HEARS A WHO!

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    55.1点(21人)

  • 観たひと

    50

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル アニメーション / ファミリー
製作国 アメリカ
製作年 2008
公開年月日 2008/7/12
上映時間 86分
製作会社
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

1954年に出版以来、15ヶ国語に翻訳され、2億冊以上を売り上げているベストセラー絵本『ぞうのホートン ひとだすけ』を、「ロボッツ」、「アイス・エイジ」のブルー・スカイ・スタジオが映画化。声の出演は、ホートンに「トゥルーマン・ショー」のジム・キャリー、ダレダーレの市長に「40歳の童貞男」のスティーヴ・カレル。

あらすじ

陽気で明るいダレダーレたちが住む平和なダレダーレの国。だがあるとき、地面が揺れ、異変が起こり始める。実は、ホコリのように小さな世界だったダレダーレの国は、大嵐のために安住していた場所から飛ばされてしまったのだ。しかし、状況が分からないダレダーレたちは、助けを求めて悲鳴を上げるばかり。そんなダレダーレたちの声を偶然聞きつけたのは、ジャングルヌールに住むゾウのホートン(ジム・キャリー)。自分の耳元を通過したホコリから、救いを求める声が聞こえたと感じた彼は、周囲の嘲笑をよそに、ホコリの世界の住人たちに大声で話しかける。ホートンの大声は、ダレダーレの国の市長(スティーヴ・カレル)の耳に届く。全く姿の見えないホートンと言葉を交わした市長は、外の大きな世界からホートンが話しかけていることを知って驚く。一方、ホコリの上にダレダーレたちが住んでいることを知ったホートンは、彼らを救うため、安全な場所に運ぶ事を市長と約束。ホートンはヌール山の頂上の割れ目を安住の地と決め、ダレダーレの国を乗せたクローバーを守りながら、山頂目指して旅立つ。一方、ダレダーレの存在を認めないお母さんカンガルー(キャロル・バーネット)は、ホートンの”空想”が子供たちに悪影響を与えると考え、邪悪なオオワシ、ブラド(ウィル・アーネット)に妨害を依頼。それを知った親友、ネズミのモートン(セス・ローゲン)から、クローバーを捨てるよう忠告されたホートンだったが、市長との約束を守り通そうとする。そのころ、ダレダーレの市長は非常事態を宣言するために、広場に集まった市民たちにホートンの話を聞かせようとする。だがそのとき、上空から接近したブラドがホートンからクローバーを奪い、クローバー畑へ放り込んでしまう。真っ青になるホートン。一方、ホートンと連絡が取れなくなった市長は、市民の前で笑い者になってしまう。

関連するキネマ旬報の記事