男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼

  • みすたーぶるっくすかんぺきなるさつじんき
  • Mr. Brooks
  • MR. BROOKS

amazon


  • 平均評点

    65.9点(68人)

  • 観たひと

    117

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2007
公開年月日 2008/5/24
上映時間 120分
製作会社
配給 プレシディオ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

一見理想的な紳士が、裏で凶行を繰り返すサイコ・スリラー。「スタンド・バイ・ミー」共同脚本のブルース・A・エヴァンスとレイノルド・ギデオンが脚本を書き、エヴァンスが監督。「ボディガード」のケヴィン・コスナーが製作・主演を兼ねている。他の出演は、「ゴースト/ニューヨークの幻」のデミ・ムーア。

あらすじ

オレゴン州ポートランドで若い男女の全裸死体が発見される。死体は頭部を銃弾で撃たれていた。捜査を担当する女刑事アトウッド(デミ・ムーア)は、現場に被害者の血で捺された指紋が残されているのを確認する。それは2年間沈黙を守っていた“指紋の殺人鬼”の復活を意味していた。犯人は大物実業家アール・ブルックス(ケヴィン・コスナー)だった。美しい妻エマ(マーグ・ヘルゲンバーガー)と豪奢な邸宅に暮らす彼は、決して捜査線上にあがることはなかった。しかしカップルを殺害した現場のカーテンが開いており、向いのアパートに住む青年が犯行現場を撮影していた。スミスと名乗るその青年(デイン・クック)はブルックスのオフィスに現れ、取引を持ちかける。スミスの望みは大金などではなく、ブルックスと行動を共にし、本物の殺人を体験することだった。ブルックスはスミスの提案を受け入れる。ブルックスの一人娘ジェニー(ダニエル・パナベイカー)が、突然大学を辞めて自宅に帰ってきた。彼女は妻子ある男性との子供を妊娠し、さらにまだ秘密を抱えているようだった。一方アトウッドは年下の夫との離婚調停がもつれ、多額の慰謝料を要求される。また、過去に逮捕した凶悪犯ミークスが刑務所を脱獄し、復讐の機会を狙っていた。それでもアトウッドは“指紋の殺人鬼”の逮捕に執念を燃やしていた。彼女は、写真が趣味だというスミスが何かを隠していると見抜き、彼をマークする。スミスは刑事が聞き込みに来たことをブルックスに告げる。ブルックスはアトウッドの身辺を調査し、彼女への警戒を募らせる。別件を捜査している刑事がブルックスの自宅を訪ねてくる。するとそこから、ジェニーの秘密が明らかになる。それはブルックスの人生を崩壊させるほど重大な事実だった。殺人の遂行を引き延ばすブルックスに苛立つスミス。“指紋の殺人鬼”の真相ににじり寄るアトウッド。ブルックスは彼らを巻き込み、最後の完全犯罪を実行しようとする。

関連するキネマ旬報の記事