男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

痛いほどきみが好きなのに

  • いたいほどきみがすきなのに
  • The Hottest State
  • THE HOTTEST STATE

amazon


  • 平均評点

    63.8点(10人)

  • 観たひと

    28

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2008/5/17
上映時間 117分
製作会社
配給 ショウゲート
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督イーサン・ホーク 
脚本イーサン・ホーク 
原作イーサン・ホーク 
エクゼクティブ・プロデューサー小谷靖 
孫泰蔵 
製作アレクシス・アレクザニアン 
木藤幸江 
撮影クリス・ノール 
プロダクション・デザインリック・バトラー 
音楽ジェシー・ハリス 
編集エイドリアナ・パチェコ 
キャスティングシーラ・ジャッフェ 

キャスト

解説

俳優で、「チェルシーホテル」監督のイーサン・ホークが、自伝的小説を自ら脚本・映画化したラブ・ストーリー。ジェシー・ハリスが音楽を手掛けている。出演は「ブロークン・フラワーズ」のマーク・ウェバー、「そして、ひと粒のひかり」のカタリーナ・サンディノ・モレノ。第63回ヴェネチア国際映画祭正式出品作品。

あらすじ

ニューヨーク。若手俳優のウィリアム(マーク・ウェバー)は気軽な恋愛を楽しみ仕事も順調で、それなりの日々をすごしていた。彼は21歳の誕生日を前に、行きつけのバーでシンガーソングライター志望のサラ(カタリーナ・サンディノ・モレノ)と出会う。ニューヨークに来たばかりのサラは、ウィリアムの向かいのアパートに仮住まいをしていた。運命を感じた2人は、その夜キスを交わす。2人はサラのアパートのベッドの上でじゃれあうが、彼女はセックスを拒む。サラはウィリアムを母(ソニア・ブラガ)に会わせるため、実家に連れて行く。そこでウィリアムは漏れ聞こえた母娘の会話から、サラの過去の失恋を知る。彼は新作映画の撮影に便乗して、彼女をメキシコ旅行に連れて行く。メキシコで2人は結ばれ、結婚を誓い合う。そして、サラは先にニューヨークに帰って行った。撮影を終えたウィリアムはニューヨークに戻り、サラの元に行く。しかしサラはよそよそしい態度を取る。彼女は歌手の夢と、ウィリアムとの恋の間で揺れていた。そしてウィリアムに、しばらく距離を置くことを提案する。ウィリアムは彼女の態度の急変に動揺し、元恋人のサマンサ(ミシェル・ウィリアムズ)に会う。しかしサマンサとの軽い恋愛は、逆にむなしさが募るだけだった。誕生日に母(ローラ・リニー)に会うと、彼女には新しい恋人がいた。母はサラと同じようなことを言うが、ウィリアムには理解できない。両親が離婚して父(イーサン・ホーク)がいないから、男の心得がわからないとウィリアムはぼやく。サラとの溝を埋められないウィリアムは、やり場のない感情をもてあましていく……。

関連するキネマ旬報の記事