男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

光州5・18

  • こうしゅうごうてんいちはち
  • 18-May
  • 18-May

amazon


  • 平均評点

    69.4点(47人)

  • 観たひと

    79

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル 歴史劇
製作国 韓国
製作年 2007
公開年月日 2008/5/10
上映時間 121分
製作会社
配給 角川映画=CJ Entertainment
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演キム・サンギョン Kang Min-woo
イ・ヨウォン Park Shin-ae
イ・ジュンギ Kang Jin-woo
アン・ソンギ Park Heung-su
ソン・ジェホ Father Kim
ナ・ムニ Chang-su's blind mother Naju-dek
パク・チョルミン In-bong
パク・ウォンサン Yong-dae
チョン・インギ Doctor
ソン・ビョンホ High school teacher
イ・オル Lieutenant colonel

解説

1980年に起きた光州事件を映画化したヒューマンドラマ。市民への大弾圧が行われた“光州の悲劇”を正面から描いている。監督は「木浦(モッポ)は港だ」のキム・ジフン。出演は「映画館の恋」のキム・サンギョン、「子猫をお願い」のイ・ヨウォン、「王の男」のイ・ジュンギ、「墨攻」のアン・ソンギほか。

あらすじ

1980年。韓国・光州市。タクシー運転手のカン・ミヌ(キム・サンギョン)は早くに両親を亡くし、高校生の弟ジヌ(イ・ジュンギ)の親代わりであった。5月18日。ミヌは密かに想いを寄せている看護師のパク・シネ(イ・ヨウォン)とジヌの3人で映画を見に行く。上映途中、突然館内に逃げ込んできた青年を、追ってきた兵士が棍棒で激しく殴打、同時に館内は催涙弾の煙に包まれる。押し出されるようにミヌたちが外に出ると、そこは多くの兵士と逃げ惑う人々で騒然となっていた。全斗煥の退陣と戒厳軍の撤退を求めていた学生たちに対し、空挺特別部隊が見境なく打ちのめしていたのだ。この日、ジヌの親友も兵士に殴り殺された。軍のあまりの仕打ちに多くの市民が立ち上がる。ミヌはジヌの身を心配してデモへの参加を反対するが、ミヌ自身が軍に捕らえられ、川に飛び込み何とか脱出した。5月21日。道庁前でデモをしている市民に向かって、整列していた兵士たちが一斉射撃を開始する。逃げ惑う市民たちに容赦なく浴びせられる銃弾。倒れた多くの市民の中に、ジヌも含まれていた。シネの父親で、ミヌが働くタクシー会社の社長パク・フンス(アン・ソンギ)は、かつては空挺特別部隊予備役大佐であった。彼は、道庁の地下倉庫に保管されている大量の武器を手に、ミヌらと市民軍を編成、光州を死守することを誓いあう。一度は撤収した戒厳軍であったが、今度は戦車の大群で乗り込んできた。市民軍は道庁に立て籠り反撃する。パク・フンスは、シネのためにミヌを道庁から立ち去らせるが、ミヌもほかの男たちも闘う決意を固めていた。5月27日午前4時。道庁前に到着した軍は一斉射撃を開始、兵士たちが道庁内に突入するが……。

関連するキネマ旬報の記事

2008年6月下旬特別号

劇場公開映画批評:「光州5・18」

2008年5月下旬号

特別企画 映画が伝える、世界の真実:「光州5・18」キム・ジフン監督が語る光州事件