男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー

  • すうぇーでぃっしゅらぶすとーりー
  • A Swedish Love Story
  • A Swedish Love Story

amazon


  • 平均評点

    62.7点(33人)

  • 観たひと

    60

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 スウェーデン
製作年 1969
公開年月日 2008/4/26
上映時間 114分
製作会社 AB Europa Film
配給 スタイルジャム=ビターズ・エンド
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

幼い恋のめざめを瑞々しいタッチで描き、1970年にスウェーデン本国で70万人を動員した青春映画。日本では翌年約20分カットされ「純愛日記」という邦題で公開されたが、今回は完全版での公開。「散歩する惑星」のロイ・アンダーソンの長編初監督作品。出演はアン・ソフィ・シリーンとロルフ・ソールマン。

あらすじ

春、15歳の少年ペール(ロルフ・ソールマン)と家族は、祖父の見舞いにストックホルム郊外の療養所を訪れ、庭で再会を楽しんでいた。その庭に、黒いグレートデンを連れた少女(アン・ソフィ・シリーン)が現れる。一目でペールは彼女に心を奪われる。ある日、モペットで街に繰り出したペールは、小さなカフェで彼女と再会する。彼女は14歳で、名前はアニカ。2人はお互いを意識しながら、話し掛けられずにいた。その後、友人に紹介された2人は、急速に近づいていく。冷蔵庫の営業をしているアニカの父ヨーンと母エルサは毎日喧嘩が絶えない。そんな両親や、孤独な叔母エヴァらの大人の世界に反発を感じる2人には、淡い愛情が芽生えていく。そんなある日、2人の仲を裂こうとするアニカの男友達が、彼女の前でペールに乱暴をする。ペールは悔しさと恥ずかしさからアニカを避けるようになる。しかしアニカは、ペールを切なく見つめることしかできなかった。ペールが仲間とモペットで走り出したとき、アニカは彼を追って走り出した。ペールは遠くに行ってしまったかのように見えたが、アニカの元に戻ってくる。夏の終わり、アニカはペールの別荘を訪れる。2人の幼い恋は、確かなものになっていくのだった……。

関連するキネマ旬報の記事