男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

譜めくりの女

  • ふめくりのおんな
  • La Tourneuse De Pages
  • La Tourneuse De Pages

amazon


  • 平均評点

    71.2点(37人)

  • 観たひと

    64

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 フランス
製作年 2006
公開年月日 2008/4/19
上映時間 85分
製作会社
配給 カフェグルーヴ=トルネード・フィルム
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ピアニストへの夢を絶たれた女性と、その夢を奪ってしまった女性との愛憎を描く心理サスペンス。監督・脚本はヴィオラ奏者でもあるドゥニ・デルクール。出演は「女はみんな生きている」のカトリーヌ・フロ、「ある子供」のデボラ・フランソワほか。

あらすじ

メラニー・プルヴォスト(ジュリー・リシャレ)の夢は、名門コンセルヴァトワールに入学してピアニストになることだった。その入学試験の日。人気ピアニストとして活躍する審査員長アリアーヌ・フシュクール(カトリーヌ・フロ)を前に、メラニーは自信に満ち溢れた表情で弾き始める。しかし、アリアーヌが見せた無神経な態度にメラニーは激しく動揺し、演奏を中断してしまう。こうして、メラニーはピアニストになる夢を封印した。十数年後。美しく成長したメラニー(デボラ・フランソワ)は、弁護士のジャン・フシュクール(パスカル・グレゴリー)の事務所で実習生として働き始める。やがて、ジャンが息子トリスタン(アントワーヌ・マルティンシウ)の世話係を探していると知ったメラニーは自ら子守を申し出る。ジャンの妻はアリアーヌであったが、メラニーのことは全く覚えていなかった。アリアーヌは、メラニーにピアノの経験があると分かると演奏会での“譜めくり”役を依頼する。練習を重ねるうち、アリアーヌはメラニーに信頼と好意を寄せていった。交通事故で受けた心の傷から、演奏に自信を失いかけていたアリアーヌであったが、メラニーが傍らにいることで自信を取り戻し、三重奏団の演奏会を成功させる。しかしその後、三重奏団のチェリスト、ローラン(グザヴィエ・ドゥ・ギルボン)がケガをし、続いてトリスタンが失踪する。アリアーヌの精神状態は一層不安定となり、メラニーに対しても動揺を隠すことができなかった。演奏会を翌日に控えたメラニーは、少女の頃から憧れながらも密かに憎み続けていたアリアーヌに、ある計画を実行する……。

関連するキネマ旬報の記事