男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ジェイン・オースティンの読書会

  • じぇいんおーすてぃんのどくしょかい
  • The Jane Austen Book Club
  • The Jane Austen Book Club

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    71.4点(116人)

  • 観たひと

    207

  • 観たいひと

    30

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2007
公開年月日 2008/4/12
上映時間 105分
製作会社
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

アメリカのミドルクラスの女性を中心に流行した「読書会」。そんな「読書会」を開く女性たちを描き、2004年のニューヨークタイムズのベストセラーリストにも載った小説を映画化した作品。主演は「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラント、「コールド マウンテン」のキャシー・ベイカー、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のマリア・ベロら。監督はロビン・スウィコードで、本作品が長編映画の監督デビューとなる。

あらすじ

結婚歴6回、今は気楽な独り者のバーナデット(キャシー・ベイカー)は、愛犬の死を悲しむ友人のジョスリン(マリア・ベロ)を励まそうと、「ジェイン・オ-スティンは人生の最高の解毒剤だ」として、オースティンの読書会を企画する。エネルギッシュで魅力的なのに傷つくことが怖くて恋に踏み出せないジョスリン。彼女の高校時代からの友人シルヴィアも、結婚して20数年の夫から突然「他に好きな人ができた」と打ち明けられ、人生最大のトラブルに直面していた。一冊ずつリーダーを決めるのが読書会のルール。オースティンの長編小説は六冊、残り三人を探す三人。まずはオースティンに独自の解釈と深い愛を抱くプルーディー(エミリー・ブラント)、フランス語教師なのに渡仏経験がないこと、夫と趣味が合わないこと、教え子にときめいていることが目下の悩みだ。そして恋多きシルヴィアの娘・アレグラ(マギー・グレイス)。最後はジョスリンが見つけてきた唯一の男性でオースティン初体験の青年グリッグ(ヒュー・ダンシー)だ。各々の家で、時には海辺で、美味しいワインをあけて、尽きないおしゃべりが始まる。まさかオースティンについて語ることで彼女たちの人生が色づき、絡み合い、思わぬ結末にたどりつくとも知らずに……。

関連するキネマ旬報の記事

2008年4月下旬号

キネ旬チョイス 「ジェイ・オースティンの読書会」:ロビン・スウィコード[監督] インタビュー

キネ旬チョイス 「ジェイ・オースティンの読書会」:オースティン原作の魅力と、映画に登場する6作品の解説

キネ旬チョイス 「ジェイ・オースティンの読書会」:作品評