男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヒットマン(2007)

  • ひっとまん
  • Hitman
  • Hitman
  • 平均評点

    63.3点(184人)

  • 観たひと

    286

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 2007
公開年月日 2008/4/12
上映時間 93分
製作会社
配給 20世紀フォックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

シリーズ4本が発売されているアメリカで人気のアクションゲームを映画化。“47”と呼ばれる殺し屋が、陰謀に巻き込まれながら一人の女性を守って戦う。出演は「ダイ・ハード4.0」のティモシー・オリファントと、「薬指の標本」オルガ・キュリレンコ。

あらすじ

後頭部に彫られたバーコードから“エージェント47”(ティモシー・オリファント)と呼ばれるスキンヘッドの男。闇の組織に育てられた彼は、世界を股に駆ける超一流の殺し屋だった。殺人犯として彼を追うインターポール捜査官ホイッティア(ダグレイ・スコット)は、神出鬼没で証拠を残さない“47”に翻弄され続けていた。新たな標的としてロシアの政治家ベリコフ(ウルリク・トムセン)を狙撃した“47”だったが、その現場を娼婦のニカ(オルガ・キュリレンコ)に目撃される。さらに、暗殺したはずのベリコフも生存していることが判明。任務の失敗に疑問を抱く“47”だったが、組織は彼にニカの暗殺を命じる。ホイッティアの追跡を逃れニカの前に現れた“47”。だが彼はニカの孤独な瞳に何かを感じて殺害を中止、彼女から情報を得ようとする。しかし、再びホイッティアの尾行を振り切った“47”の前に、彼と同じ組織に所属するスキンヘッドの殺し屋たちが立ち塞がる。味方に襲われる理由もわからず、死闘を繰り広げる“47”。やがて、彼とともに過ごすうちに心を通い合わせたニカは、自分の過去を語り出す。ベリコフに奴隷のように扱われ、死すら望んでいたという彼女に“47”は次第に惹かれ、彼女を守ることが最大の目的となっていく。やがて、モスクワに飛んだ彼は、知り合いのCIAエージェントからベリコフに関して驚愕の真実を知らされる。さらにイスタンブールでベリコフの弟と接触し、ある決意を胸に再びロシアへ。そんな彼の行く手を阻むベリコフの罠、そしてある人物の陰謀。ホイッティアも待ち受ける中、“47”はニカと別れ、たった一人敵地へ乗り込んでいくのだった……。

関連するキネマ旬報の記事