男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

うた魂

  • うたたま
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    68.1点(189人)

  • 観たひと

    297

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    16

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2008/4/5
上映時間 120分
製作会社 日活=朝日新聞社
配給 日活
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督田中誠 
脚本栗原裕光 
田中誠 
エグゼクティブプロデューサー馬場清 
製作佐藤直樹 
製作代表後藤尚雄 
プロデューサー有重陽一 
野間清恵 
川上竜生 
dtsテクニカルスーパーバイザー宇田川浩一 
相川敦 
撮影監督鈴木一博 
美術新田隆之 
建具小田嶋俊行 
装飾松田光畝 
大道具三上敏也 
関博文 
持道具野上淳子 
音楽林祐介 
「尾崎豊」楽曲スーパーバイザー須藤晃 
高木伸司 
音楽プロデューサー和田亨 
音楽著作コーディネーター世羅真樹子 
主題歌・歌ゴスペラーズ 
録音岩倉雅之 
デジタル光学録音中山義廣 
宇田川章 
大場広樹 
レコーディングエンジニア櫻井繁郎 
音響効果中村佳央 
編集大永昌広 
ネガ編集辻井好子 
菊池玲子 
佐藤洋子 
スタイリスト棚橋公子 
ヘアメイク中村洋子 
ヘアメイク(薬師丸ひろ子担当)小泉尚子 
フィルムスキャニング安達大二郎 
フィルムレコーディング熊倉怜 
キーリンクテレシネ佐々木理代 
スタジオエンジニア大屋みほ子 
スタジオコーディネイト栗山修司 
タイミング飯野浩 
ラボコーディネイト厨川佳苗 
ラボマネージャー日下健太郎 
主題歌・作詞安岡優 
主題歌・作曲北山陽一 
主題歌・編曲清水信之 
音楽編集元倉宏 
キャスティングおおずさわこ 
エキストラ担当丸山文正 
淡賀千明 
和島朋美 
山下和徳 
頓所麻奈美 
玉寄みさと 
アソシエイトプロデューサー山本章 
製作主任西千鶴 
高瀬博行 
製作担当大沢忠生 
製作進行田中正幸 
監督助手是安祐 
杉田協士 
植本英之 
助監督野本史生 
スクリプター田口良子 
スチール石川登栂子 
操演鳴海聡 
船橋誠 
オプチカル金子鉄男 
山岸江美 
VFXマネージャー遠藤美香 
VFXスーパーバイザー田中貴志 
3DCG堀尾知徳 
落合祐武 
山口任弘 
アクションコーディネーター山田一善 
合唱振付北島義明 
特機鈴木陽祐 
佐藤良太 
車輌荻島正雄 
藤井英二 
比嘉寛 
佐藤優 
小峰茂 
野澤繁雄 
小原正 
コンポジット小高慶人 
太田聖史 
高田一温 
林あゆみ 
タイトル竹内秀樹 
南成木 
撮影助手赤池登志貴 
松澤直徹 
榊原直記 
美術助手山本裕 
圷良太 
美術デスク中島範子 
照明助手加瀬拓郎 
根本伸一 
石川裕士 
木津俊彦 
高橋清隆 
録音助手高橋勝美 
梅田誠 
近藤靖高 
大熊秀稔 
編集助手三樹章子 
スタイリスト助手篠塚奈美 
馬場恭子 
ヘアメイク助手唐沢知子 
「うた魂♪」製作委員会(日活)由里敬三 
大澤茂樹 
渋谷恒一 
「うた魂♪」製作委員会(朝日新聞)野中昭弘 
宮澤稔 
松浦敬 
製作応援吉田高史 
宣伝プロデューサー木幡久美 
大場渉太 
制作宣伝佐藤美鈴 
宣伝横手実 
宮嵜永子 
小室直子 
丸山杏子 
小沼賢宜 
野村由佳里 
越智康之 
千谷紀子 
HP制作高橋直樹 
足立鈴 
モバイルサイト芹澤孝悦 
佐久間敦史 
宣伝広告金松滋 
冨岡祥雄 
宣伝コピー荘司大 
宣伝写真横浪修 
彫刻指導キム・ジュホ 
七浜高校合唱指導(夏帆担当)王真紀 
七浜高校合唱指導矢ヶ部直子 
湯の川高校合唱指導吉田英樹 
指揮者指導清水敬一 
笠置英史 
ピアノ指導王真穂 
ボイストレーニング(薬師丸ひろ子担当)内川佳子 
合唱監修山口敦 
宮本明 
ミュージシャンコーディネイト松井香 
監督助手応援吉田亮 
水野貴之 
撮影応援宮川幸三 
撮影助手応援桑原正祀 
吉川和克 
野口健司 
録音助手応援坂上賢治 
三浦さおり 
装飾応援篠田公史 
ヘアメイク応援細倉明日歌 
宮本真奈美 
清水美穂 
井手奈津子 
竹内裕子 
編集助手応援平野一樹 
演技事務日暮英典 
営業統括太田明徳 
営業井垣恵美子 
岩野博介 
中原悠介 
渡辺律子 
予告編小松敏和 
高木望 
スペシャルコンテンツチーム金山功一郎 
石野萌子 
大和田健二 
音楽著作コーディネーター平川智司 

キャスト

出演夏帆 荻野かすみ
ゴリ 権藤洋
石黒英雄 牧村純一
徳永えり 野村ミズキ
亜希子 松本楓
薬師丸ひろ子 瀬沼裕子
岩田さゆり 青柳レナ
森下能幸 運転手溝口
田中要次 カメラマン中島
山中崇 AD磯野
加勢大周 かすみの担任長谷川
児玉貴志 鶴本英次
有福正志 七浜高校校長
草薙幸二郎 喫茶店の老人客
黒田大輔 喫茶店のマスター
赤堀雅秋 牧村のクラス担任
鈴木卓爾 金町高校合唱部顧問
いずみ尚 合唱コンクール司会
ペ・ジョンミョン 牛島強(湯の川学院合唱部)
KUMAMI NAOKI(湯の川学院合唱部)
崔哲浩 香川純(湯の川学院合唱部)
ボビー 堀伸一(湯の川学院合唱部)
七枝実 森田光男(湯の川学院合唱部)
山崎画大 大木大輔(湯の川学院合唱部)
粕谷佳五 鬼塚千博(湯の川学院合唱部)
三枝永明 草狩民雄(湯の川学院合唱部)
倉木譲二 黒柳徹夫(湯の川学院合唱部)
酒井勇樹 宇崎竜王(湯の川学院合唱部)
荒木貴裕 石橋憲武(湯の川学院合唱部)
杉内貴 堂本夏美(湯の川学院合唱部)
江畑浩規 香炉木淳(湯の川学院合唱部)
千葉尚之 丹吾郎(湯の川学院合唱部)
皆木勇紀 東郷鉄二(湯の川学院合唱部)
野崎孝司 田中博(湯の川学院合唱部)
小島竜太 湯の川学院合唱部員
高石智史 湯の川学院合唱部員
斉藤亨史 湯の川学院合唱部員
内藤大希 湯の川学院合唱部員
櫻井竜 湯の川学院合唱部員
山本ひかる 山田桜子(七浜高校合唱部)
矢部裕貴子 篠原由紀(七浜高校合唱部)
増元裕子 岡田佐緒里(七浜高校合唱部)
春田瑠里 滝田さつき(七浜高校合唱部)
吉川まりあ 長部千夏(七浜高校合唱部)
小百合 能登由紀子(七浜高校合唱部)
愛実 高橋真紀(七浜高校合唱部)
武藤あゆみ 七浜高校合唱部員
野田愛佳 七浜高校合唱部員
岡真莉奈 七浜高校合唱部員
工藤麻子 七浜高校合唱部員
臼井梨花 七浜高校合唱部員
大島未羽 七浜高校合唱部員
小泉ヒカリ 七浜高校合唱部員
森本あすか 七浜高校合唱部員
桝田愛 七浜高校合唱部員
中村千恵美 七浜高校合唱部員
本間四季舞 七浜高校合唱部員
小川知見 七浜高校合唱部員
佐藤絵理子 七浜高校合唱部員
山寺ちひろ 七浜高校合唱部員
小林彗 七浜高校合唱部員
平山笑美 七浜高校合唱部員
中河千怜 七浜高校合唱部員
馬場春佳 七浜高校合唱部員
伊藤沙織 七浜高校合唱部員
長尾実春 七浜高校合唱部員
中村夏花 七浜高校合唱部員
寺本愛美 上原葉月
永田彬 廣瀬正
里久鳴祐果 前田幸
藤井貴規 木場太郎
山本舞美 本田朋子
田嶋友 生徒会委員
三吉彩花 小6のかすみ
大塚千愛 小6のレナ
藤津摩衣 小6の楓
越井真優 小6のミズキ
森カンナ 新藤菜摘
宮下雅也 大場渉太
大山貴世 中村彩乃
加藤翔平 三崎修治
金沢美波 巨漢の女子生徒
野村貴浩 チャラついた若者
土山壮也 チャラついた若者
竹下圭一郎 チャラついた若者
井上真一 チャラついた若者
秋本一樹 チャラついた若者
北山陽一(ゴスペラーズ) 審査員
黒沢薫(ゴスペラーズ) 審査員
酒井雄二(ゴスペラーズ) 審査員
村上てつや(ゴスペラーズ) 審査員
安岡優(ゴスペラーズ) 審査員
利重剛 荻野康平
中村久美 荻野あゆみ
ともさかりえ 黒木杏子
間寛平 荻野知恵蔵

解説

合唱部所属の女子高生が挫折を乗り越えながら、再び歌う姿を描く青春ドラマ。函館港イルミナシオン映画祭第8回シナリオ大賞の脚本を「タナカヒロシのすべて」の田中誠が監督した。出演は「天然コケッコー」の夏帆、「さくらん」のゴリ、「ALWAYS 三丁目の夕日」の薬師丸ひろ子ほか。

あらすじ

北海道・七浜高校合唱部のソプラノパート・リーダー荻野かすみ(夏帆)は、自意識過剰で、歌っているときの自分が大好きな女子高生。ある日、かすみは、密かに憧れていた生徒会長・牧村純一(石黒英雄)から、写真のモデルを頼まれる。合唱コンクールの北海道予選壮行会。恐るべきハイテンションで、表情豊かに歌うかすみの姿を、牧村はカメラで撮りまくる。だが、でき上がってきた写真は、目を見開き、口を大きく開けた顔ばかり。「産卵中のシャケみたいでユーモラス」と牧村に言われ、しかもその写真を生徒会新聞に載せられてしまう。さらには、牧村に思いを寄せる青柳レナ(岩田さゆり)にも「あんたの歌っている顔って変」と追い討ちをかけられ、かすみはすっかり意気消沈。その日から練習を休んで、ついには合唱部顧問の産休代員・瀬沼裕子(薬師丸ひろ子)に、かすみは退部を申し出る。意外にもあっさり承諾する瀬沼だったが、ラストステージとして夏祭りの合唱祭にかすみを出場させる。浴衣姿でいきいきと歌う七浜合唱部員の中、かすみだけは下を向いてばかりで、声を出すのもままならない。心配した部長の松本楓(亜希子)とピアノ担当の副部長・野村ミズキ(徳永えり)が、かすみにわけを聞こうとするが、かすみは二人を振り切ってしまう。そこに突然現れたのが番長・権藤洋(ゴリ)率いる湯の川学院高校ヤンキー合唱部。権藤はかすみに、「あれは歌への冒涜だ」と厳しく指摘する。湯の川学院は尾崎豊の『15の夜』を熱くソウルフルに歌い、それを見たかすみは合唱への素直な思いが蘇ってくる。そして地区予選当日。七浜高校合唱部のステージには、以前のように表情豊かに歌うかすみの姿があった。

関連するキネマ旬報の記事

2008年5月下旬号

劇場公開映画批評:「うた魂♪」

2008年1月上旬新春号

特別企画 現場百景/08年期待の新作撮影現場ルポ:うた魂(たま)!