男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

悲しみが乾くまで

  • かなしみがかわくまで
  • THINGS WE LOST IN THE FIRE
  • THINGS WE LOST IN THE FIRE

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    68.2点(67人)

  • 観たひと

    99

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ イギリス
製作年 2007
公開年月日 2008/3/29
上映時間 119分
製作会社
配給 角川映画=角川エンタテインメント
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

最愛の夫を亡くした女性の「喪失」と「再生」の物語。出演は、「チョコレート」のハル・ベリーと「トラフィック」のベニチオ・デル・トロ。「アフター・ウェディング」で知られるデンマーク出身のスザンネ・ビアが英語作品を初監督。

あらすじ

家族とともに幸せな日々を送っていたオードリー(ハル・ベリー)は突然、最愛の夫ブライアン(デヴィット・ドゥカヴニー)を事故で失う。葬儀に訪れたのは彼の親友ジェリー(ベニチオ・デル・トロ)。ヘロインに溺れ、誰にも相手にされなかったジェリーにとって、ブライアンは唯一の友だった。自分の知らない夫の思い出を語る姿を見て、オードリーは彼に親近感を抱く。葬儀が終わって訪れた日常。悲しみから八つ当たりを繰り返すオードリーを見て、子供たちの心は離れていく。夫の死から立ち直るため、オードリーはジェリーに“自分を助けるために一緒に住んで欲しい“と頼む。こうして始まった共同生活の中で、ジェリーは自分を変えるべく断薬会に通い始める。また、子供たちとも打ち解け、いつしか父親代わりのような存在になっていく。ある日、娘のハーパー(アレクシス・リュウェリン)が行方不明になる事件が発生するが、ジェリーが無事に発見。自分よりジェリーが子供たちを知っていたことにオードリーは嫉妬を覚え、彼に家から出て行くよう告げる。しばらくしてオードリーのもとに、ジェリーと断薬会で一緒だったケリー(アリソン・ローマン)という女性から、最近彼の姿が見えないと連絡が入る。ヘロインに再び溺れていたジェリーを発見したオードリーは、彼を連れ帰り、再び共同生活を始める。ある晩、ケリーを招いたディナーの席で、オードリーは昔の火事のことを思い出す。色々なものを失ったことを悲しむオードリーにブライアンがかけた言葉は、“失ったのはただのものでしかない。それでもまだ、お互いがいるじゃないか。”改めて最愛の夫を失ったことに気付いた彼女は、ジェリーの前で泣き崩れる。ジェリーはリハビリセンターでの更正を決意。ハーパーに“帰ってきたら一生の友達でいるから”と言って別れた彼は、オードリーの家族と再び暮らす日を夢見て、リハビリに励むのだった。

関連するキネマ旬報の記事