男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

4ヶ月、3週と2日

  • よんかげつさんしゅうとふつか
  • 4 Luni, 3 Saptamani si 2 Zile/4 Months, 3 WEEKS & 2 DAYS
  • 4 MONTHS, 3 WEEKS AND 2 DAYS

amazon


  • 平均評点

    70.3点(126人)

  • 観たひと

    191

  • 観たいひと

    18

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル 社会派
製作国 ルーマニア
製作年 2007
公開年月日 2008/3/1
上映時間 113分
製作会社 Mobra fulms
配給 コムストック・グループ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演アナマリア・マリンカ Otilia
ローラ・ヴァシリウ Gabita
ヴラド・イヴァノフ Domnu' Bebe
アレクサンドル・ポトチェアン Adi
ルミニツァ・ゲオルジウ Doana Radu
アディ・カラウレアヌ DI.Radu
リリアナ・モカヌ Receptionera Unirea
タニア・ポパ Receptionera de seara
テオ・コルバン Receptioner Unirea
チェラセラ・ヨシフェスク Receptionera Tineretului
ドル・アナ Benzinarul
エウゲニア・ボスンセアヌ Mama Domnului Bebe
ヨアン・スパダル DL Rusu
クリスティナ・ブブレズ Marie-Jeanne Rusu
マリオアラ・ステリアン Adela Racoviceanu
エミル・コセル Dr.Racoviceanu
ゲオルゲータ・パドゥラル・ブルジュアン Doamna Aldea
ゲオ・ドプレ Dr.Aldea
マダリナ・ギテスク Dora
カタリナ・ハラバギウ Mihaela
サンズィアナ・タルタ Carmen
ミハエラ・アレクサンドル Daniela
ハズィム・エラヤン Ahmed
モニカ・アレクサンドレスク Soldat
シモーナ・ストイチェスク Soldat
アレクサンドル・コノヴァル Barbatul din statie
イオン・グロス Portarul
トライアン・トゥドリカ・スタテ Chelnerul
クリスチャン・チウザン Medicinistul
ヤヌク・ダニエル Militian
ロベルト・エマヌエル Militian
コンスタンチン・ボジョグ Marcu
クリスティナ・イオシフ Medicinista
アディナ・クリステスク Mireasa
カリン・プア Bisnitarul
コスティカ・バビイ Tatal Gabitei

解説

妊娠中絶が制限されていたチャウシェスク政権下のルーマニアを舞台に、友人の違法な中絶手術を助ける女性の一日を描く。主演はフランシス・F・コッポラ監督作「Youth Without Youth」にも出演のアナマリア・マリンカ。監督は長編映画二作目のクリスティアン・ムンジウ。2007年カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品。

あらすじ

1987年、ルーマニア。女子大生オティリア(アナマリア・マリンカ)は、ルームメイトのガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)とともにキャンプにでも出かけるかのようにのんびりと身支度を整えると、ひとり寮を出る。まず彼女が向かったのは大学。恋人のアディ(アレクサンドル・ポトチェアン)と会うと、頼んでおいたお金を受け取る。アディは母親の誕生パーティに彼女を誘うが、オティリアはそれどころではなかった。アディに不信感を抱かせたまま、二人は気まずく別れる。そして、彼女はガビツァから言われていたホテルに向かう。取ってあるはずの予約を確認するためだったが、フロントで「予約は入っていない」と断られる。やむなく別のホテルに予約を入れ、ガビツァに連絡を取ると、自分の代わりに男に会いに行くように頼まれる。思い通りに事が運ばないことに不安を感じ始めるオティリア。ガビツァに指示された通りにべべ(ヴラド・イヴァノフ)と会ったオティリアは、二人でホテルへ向かう。しかし、ホテルが当初の約束と変更になったことを知ると、無愛想なべべの機嫌がさらに悪化。彼を怒らせるわけにはいかないオティリアは、黙って愚痴を聞くしかなかった。ホテルに着いた二人を待っていたのはガビツァ。ホテルも待ち合わせた女も違うと、べべは二人に怒りをぶちまける。「これからやるのは違法行為だ!妊娠中絶はバレたら重い刑に問われる!分かっているのか?」詰め寄られた二人は、お金が足りないことを告白。ベベはあきれ、話にならないと帰りかける。二度とない中絶手術のチャンスを逃がすまいと必死にすがりつくガビツァ。そのとき、オティリアは覚悟を決め、ある行動を取る……。

関連するキネマ旬報の記事

2008年4月上旬号

劇場公開映画批評:「4ケ月、3週と2日」

2008年3月上旬号

特別企画 春、ある視点:「4ケ月、3週と2日」クリスティアン・ムンジウ[監督] インタビュー

特別企画 春、ある視点:「4ケ月、3週と2日」作品評