男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エリザベス ゴールデン・エイジ

  • えりざべすごーるでんえいじ
  • Elizabeth: The Golden Age
  • Elizabeth: The Golden Age

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    67.1点(197人)

  • 観たひと

    370

  • 観たいひと

    44

  • レビューの数

    26

基本情報

ジャンル 歴史劇
製作国 イギリス フランス  ドイツ
製作年 2007
公開年月日 2008/2/16
上映時間 114分
製作会社
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/ドルビーSR/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演ケイト・ブランシェット Queen Elizabeth I
ジェフリー・ラッシュ Sir Francis Walsingham
クライヴ・オーウェン Sir Walter Raleigh
リス・エヴァンス Robert Reston
ジョルディ・モリャ King Philip ll of Spain
アビー・コーニッシュ Bess Throckmorton
サマンサ・モートン Mary Stuart
エディ・レッドメイン Thomas Babington
トム・ホランダー Sir Amyas Paulet
アダム・ゴドリー William Walsingham

解説

英国の女王エリザベス一世の宮廷生活や、秘められた恋愛の苦悩を描く歴史ドラマ。1998年の映画「エリザベス」の続編。出演は前作に引き続き「あるスキャンダルの覚え書き」のケイト・ブランシェット、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェフリー・ラッシュ。新たなキャストに「クローサー」のクライヴ・オーウェン。監督は前作に引き続き「サハラに舞う羽根」のシェカール・カプール。

あらすじ

1585年。イングランド国王の娘として生まれたエリザベス(ケイト・ブランシェット)は女王の座を手にしたものの、宮中では依然陰謀が渦巻き、外からは世界列強が虎視眈々と侵攻を狙っていた。さらにスコットランドからは宿敵のメアリー女王(サマンサ・モートン)が逃亡してきて王位継承権を主張するなど、側近のフランシス(ジェフリー・ラッシュ)に守られながらも、心休まらない日々を送っていた。そんな彼女の前に、新世界から帰還したばかりの航海士ウォルター・ローリー(クライヴ・オーウェン)が現われる。次の探検の費用をエリザベスから引き出そうと考えた彼は、宮廷に入り込んで、新世界の可能性を熱心に語る。それは国外へ出たことのないエリザベスにとって未知の世界だった。やがてエリザベスは、知性と野性を兼ね備えたローリーに惹かれていく。一方のローリーも、最初は資金目的の宮廷詣でだったが、だんだんエリザベスに特別な感情を抱くようになる。しかし未婚のまま国家と添い遂げることを誓ったエリザベスにとって、これは禁じられた愛だった。そこでエリザベスは、侍女のベス(アビー・コーニッシュ)を自分の代わりにローリーに近づけ、彼を宮廷に通わせる口実にする。だがそのせいでローリーとベスは恋仲となり、やがて妊娠、結婚まで秘かに行っていた。それを知り、孤独感に打ちのめされ理性を失ったエリザベスは、ベスを遠ざけ、ローリーを投獄してしまう。そんな折、エリザベス暗殺を指示したかどによりメアリー女王が処刑されたことがきっかけで、スペインの無敵艦隊がイングランドに攻めてきた。最初はイングランドの劣勢だったが、エリザベスは自ら兵士として戦場に赴き、イングランド軍を勝利に導くのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2008年2月上旬1500号記念特別号

作品特集 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」:ケイト・ブランシェット インタビュー

作品特集 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」:シェーカル・カプール[監督] インタビュー

作品特集 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」:作品評