男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

テラビシアにかける橋

  • てらびしあにかけるはし
  • Bridge to Terabithia
  • BRIDGE TO TERABITHIA
  • 平均評点

    70.2点(135人)

  • 観たひと

    235

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    19

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 2007
公開年月日 2008/1/26
上映時間 95分
製作会社 ウォルデン・メディア
配給 東北新社
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

児童文学の金字塔と言われるキャサリン・パターソンの同名ファンタジー小説の映画化。主人公ジェスを演じるのは「ザスーラ」のジョシュ・ハッチャーソン。そして相手役レスリーに、「チャーリーとチョコレート工場」のアナソフィア・ロブ。監督はアニメ『ザ・シンプソンズ』でエミー賞を2度受賞したガボア・クスポ。

あらすじ

田舎町の貧しい家庭で育つ小学5年生の少年、ジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)。世界のどこにも自分の居場所を見出せないジェスだったが、唯一の慰めは、奇妙な生き物を空想し、それをスケッチブックに描くことだった。ある日、校内の短距離レースでトップを走っていたジェスは、思わぬライバルの出現に大敗を喫してしまう。それは裕福な芸術家夫妻の娘で、転校生のレスリー(アナソフィア・ロブ)だった。第一印象こそ悪かったが、田舎町には珍しい個性的なファッションに身を包み、偏見を持たないレスリーに、ジェスは次第に心惹かれていく。やがて共に遊ぶようになった二人は、森の中にトゥリー・ハウスを発見する。レスリーの導きによって、二人はそこに美しい空想上の王国「テラビシア」を創り上げていく。不思議な生き物と城、美しい自然に囲まれた秘密の王国で、王と女王として君臨するようになる二人。「テラビシア」での冒険を通して、ジェスとレスリーは友情を育んでいく。そしてこの冒険は、灰色だったジェスの人生を虹色に彩り、彼を生き生きとした少年に変えていく。密かに憧れていた音楽教師のエドマンズ先生も、ジェスの芸術的才能に気づいて目をかけるようになっていた。しかし、そんなある日、突然の悲劇がジェスとレスリーを襲う……。

関連するキネマ旬報の記事

2008年3月上旬号

劇場公開映画批評:「テラビシアにかける橋」