男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シェナンドー河

  • しぇなんどーがわ
  • Shenandoah
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.6点(43人)

  • 観たひと

    71

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1965/6/29
上映時間 0分
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ジェームズ・リー・バレットの脚本を、「マクリントック」のアンドリュー・V・マクラグレンが監督した南北戦争を背景とした開拓叙事詩。撮影はウィリアム・H・クローシア、音楽はフランク・スキナーが担当した。出演は「シャイアン」のジェームズ・スチュアート、「若さでブッ飛ばせ!」のダグ・マクルーア、グレン・コーベット、パトリック・ウェインほか。製作はロバート・アーサー。

あらすじ

1863年南北戦争のまっ最中、バージニア州ノース・アンナ河の流域で広大な農場を経営しているチャーリー(ジェームズ・スチュアート)は、戦争にまきこまれず厳然たる中立を守っていた。彼は妻なきあと7人の子供たちを、厳しい躾けと限りない愛情で育てあげ、奴隷制度も否定していた。ある日彼の家に南軍の将校が来て、息子たちの参戦を申しいれたが、彼はきっぱりと断った。息子ジェームズの妻アンに娘マーサが生まれ、1人娘ジェニーは南軍の将校サムと結婚したが、彼はその直後に戦場にかり出されてしまった。その頃一家に思いもよらぬ不幸がまい込んだ。「坊や」と呼ばれている末っ子が、偶然拾った南軍の帽子をかぶっていたばっかりに北軍の捕虜になってしまった。一家はいやおうなく戦争にまき込まれてしまい、彼らはジェームズ一家を残して捕虜収容所をたずねた。しかし「坊や」は仲間と一緒に脱走した後だった。情報をたよりにチャーリーたちは、北部に向かう南軍捕虜列車を襲撃し、護衛の北軍小部隊を撃破した。そして列車の中から出てきたのは、ジュリーの夫サムだった。チャーリーたちは「坊や」捜しをあきらめ農場に帰ったが、そこに待っていたのは南軍の歩哨の相手かまわずの発砲だった。長男ジェイコブが倒れた。そのうえ農場は掠奪者に襲われ、ジェームズ夫妻が殺害されていた。悲しみのチャーリーは、昔、妻や子供たちとよく行った教会に残された家族と共に出かけた。礼拝の最中、物音にふり返ると、そこには松葉杖をついた「坊や」が立っていた。来会者たちの賛美歌がいつまでもつづいた。

関連するキネマ旬報の記事

1965年9月上旬号

外国映画批評:シェナンドー河

1965年7月上旬夏の特別号

外国映画紹介:シェナンドー河