男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

EX MACHINA エクスマキナ

  • えくすまきな
  • EX MACHINA
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    67.2点(36人)

  • 観たひと

    68

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル アニメーション / SF / アクション
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007/10/20
上映時間 105分
製作会社 ミコット・エンド・バサラ/東映/タカラトミー/セガ/TYO/デジタル・フロンティア/東映ビデオ
配給 東映
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督荒牧伸志 
脚本たけうちきよと 
原作士郎正宗 
エグゼクティブプロデューサー三宅澄二 
木下泰彦 
製作三宅澄二 
遠藤茂行 
佐藤慶太 
梅村宗宏 
吉田博昭 
植木英則 
石井徹 
プロデュースジョン・ウー 
プロデューサーテレンス・チャン 
植木英則 
渡邉直子 
ジョセフ・チョウ 
キャラクターデザイン山田正樹 
デザイン協力士郎正宗 
音楽HASYMO 
細野晴臣 
テイ・トウワ 
コーネリアス 
レイ・ハラカミ 
m‐flo 
WAGDUG FUTURISTIC UNITY 
RADIQ a.k.a Yoshihiro HANNO 
AOKI takamasa 
太田莉菜 
TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND 
音楽監修細野晴臣 
音楽プロデューサー安井輝 
テーマ曲HASYMO 
音響監督鶴岡陽太 
サウンドデザイン笠松広司 
衣裳デザインMiuccia Prada 
オリジナルスコア高橋哲也 
CGプロデューサー豊嶋勇作 
CGディレクター大塚康弘 
川村泰 
メカニカルデザイン高倉武史 

キャスト

出演小林愛 デュナン
山寺宏一 プリアレオス
岸祐二 テレウス
沢城みゆき ヒトミ
五十嵐麗 ニケ
高島雅羅 アテナ
辻親八 ランス
加瀬康之 義経
コング桑田 アイアコス
土師孝也 ケスナー
深見梨加 吉野

解説

3Dアニメーションに独自の映像表現を開拓したアニメーション映画「アップルシード」続編。士郎正宗原作、監督は前作に続き荒牧伸志。プロデュースは「M:I-2」のジョン・ウー。音楽監修に細野晴臣。声の出演は、アニメ『ふたりはプリキュアMax Heart』の小林愛、他。

あらすじ

西暦2138年、世界は争いと不安の混沌の中にあった。非核大戦によって、人類の半数が死滅した世界。停戦と共に誕生した、中立都市【オリュンポス】には、人間とサイボーグ、そして、人間の遺伝子でつくられ、怒りや憎しみを抑制された種族、バイオロイド(クローン)が共存していた。デュナン(声:小林愛)とブリアレオス(声:山寺宏一)は、【オリュンポス】の特殊部隊ES.W.A.T.に所属する戦士。ふたりは、恋人同士であった。ある日、作戦行動中にデュナンをかばったブリアレオスが、瀕死の重傷を負う。一命は取り留めたものの、ブリアレオスは昏睡状態が続いた。ブリアレオスの回復の兆しも見えないうちに、デュナンのもとに新たなパートナー、テレウス(声:岸祐二)が配属される。テレウスは、バイオロイドであり、生身の姿だった頃のブリアレオスと同じ顏と肉体、そして同じ優しさを持っていた。その頃、世界ではサイボーグが暴走するテロ事件が多発。サイボーグのパーツの出荷を禁じられた企業集合体国家【ポセイドン】は、特使の吉野を【オリュンポス】に派遣する。そして、【オリュンポス】のアテナ行政総監は、安全保障会議で、すべての国の観測・通信衛星を【オリュンポス】が統合管理して世界の監視力を強化する、『グローバル・セキュリティ・ネット』構想を実現させようとしていた。安全保障会議当日、デュナンとテレウス、そして現場復帰したブリアレオスもまた半身サイボーグのアイアコスとパートナーを組み、警備にあたっていた。すると突如、サイボーグではない人間たちまでもが、暴徒と化して国際会議場を襲撃。ついには、アイアコスまでも、会議場の首脳陣めがけて発砲する。辛うじてアイアコスを食い止めたブリアレオスだったが、信頼する仲間を自らの手で殺してしまう。次第に明らかになる、見えざる犯人たちの目的―未曾有の危機が迫る中、世界の存亡をかけた戦いが始まった。

関連するキネマ旬報の記事

2007年11月上旬特別号

Kinejun front:2 「エクスマキナ」