男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アコークロー

  • あこーくろー
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    60.8点(6人)

  • 観たひと

    13

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007/6/16
上映時間 97分
製作会社 彩プロ
配給 彩プロ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督岸本司 
脚本岸本司 
製作たか澤吉紀 
小黒司 
製作主任小橋川和弘 
プロデューサー津島研郎 
有吉司 
撮影大城学 
美術濱田智行 
音楽ji ma ma 
録音岸本充 
照明金城基史 
編集森田祥吾 
スタイリストむらたゆみ 
ヘアメイクむらたゆみ 
ビデオエンジニア小野寛明 
キャスティング浅野博貴 
ラインプロデューサー鶴見真琴 
助監督石田玲奈 
特殊メイク藤平純 
イラスト三留まゆみ 
アシスタントプロデューサー須賀進二郎 

キャスト

出演田丸麻紀 鈴木美咲
忍成修吾 村松浩市
尚玄 渡嘉敷仁成
菜葉菜 松田早苗
吉田妙子 喜屋武シズ
山城智ニ 山城
村田雄浩 藤木
清水美砂 美咲の姉
エリカ 比屋定影美

解説

沖縄の言葉で夕暮れ、薄明かり、黄昏を意味する<アコークロー>。太陽が沈み、薄暗くなりかけたその頃に魔物が出没するとされ、とくに子どもたちには魂を抜かれる恐ろしい時間帯と教えられてきた。良心の呵責に耐えかね、亜熱帯の楽園に解放を求めてやって来た主人公があの世とこの世の狭間<アコークロー>に見たものは? 監督は、本作が初長編となる岸本司。主演は、TVドラマ『帰ってきたロッカーのハナコさん』の田丸麻紀。

あらすじ

東京。姉(清水美砂)のおさな児をベビーカーに乗せ、面倒を見ながら歩いていた鈴木美咲(田丸麻紀)は、携帯電話に気を取られた瞬間、交通事故に巻き込まれてしまう。犠牲になったのは彼女ではなく、赤ん坊のほうだった。眼前に広がる海。美咲は、沖縄に移り住んだ恋人・村松浩市(忍成修吾)の元を訪れる。山道を歩いていた美咲は、ふと木に吊り下げられた袋へ目を留める。途中知り合った渡嘉敷仁成(尚玄)と彼の息子・仁太は、中に猫の屍骸が入っていると説明するが、美咲は奇妙な風習に驚きながらも、愛する浩市の出迎えを喜び、すぐさま袋のことを忘れてしまうのだった。仁成の漁師仲間・喜屋武秀人(結城貴史)と、「おばあ」と呼ばれる彼の祖母(吉田妙子)も加わった歓迎会。「おばあ」は話のついでに美咲が見かけた袋、そして魔物キジムナーについて語り始める。美咲も興味深げに地元伝説について聞き入っていた。やがて東京を離れて浩市との田舎暮らしを始めた美咲は、仁成の紹介で若き女流作家・比屋定影美(エリカ)に会い、魔物の恐ろしい側面について教えを乞う。南国での平穏な日々。しかし、仁成の前妻・松田早苗(菜葉菜)が現れてから波風が立ち始める。彼女は仁太に続く第二子を流産、それが原因で精神不安定となっていた。仁成は息子に近づく早苗を嫌悪し、二度と目の前に現れるなと叱責する。だが、心を病んだ早苗に、その怒りが伝わっているのかさえ明らかではない。夜。山道をさまよっていた早苗は木に吊るされた袋を見つけ、それを手に取る。瞬間、樹上から何かが這い降りて来て彼女に襲い掛かる……。

関連するキネマ旬報の記事