男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

机のなかみ

  • つくえのなかみ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    70.6点(26人)

  • 観たひと

    37

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル コメディ / ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2007/4/21
上映時間 104分
製作会社 日本出版販売/アムモ
配給 アムモ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督吉田恵輔 
脚本吉田恵輔 
仁志原了 
製作古屋文明 
小田泰之 
プロデューサー片山武志 
木村俊樹 
撮影監督山田真也 
音楽神尾憲一 
録音湯脇房雄 
サウンドエンジニア藤林繋 
照明佐伯琢磨 
編集吉田恵輔 
衣裳宮田弘子 
キャスティング真保直子 
制作担当中村元 
助監督立岡直人 
タイトル片山宏明 
効果西村洋一 
メイク田代ももこ 

キャスト

解説

様々な“純愛”が入り乱れ、三角関係どころか四角にも五角にも膨れ上がる人間模様が展開される家庭教師と女子高生のラブ・コメディー。監督・脚本は2006年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアターコンペティション部門に出品した「なま夏」がグランプリを受賞した吉田恵輔。主演の馬場役に2006年度R-1グランプリで準優勝に輝いたあべこうじ。

あらすじ

大学受験を控える女子高生の望(鈴木美生)の元に家庭教師としてやってきたフリーター、馬場(あべこうじ)。同棲している彼女がいながら、また望の父親からくれぐれも間違いを犯さないようにと念を押されながらも、望の汚れのない可憐さにすっかり魅了された馬場は、何かと彼女にちょっかいを出す。一方の望は、馬場のアタックをうまくかわしながら猛勉強を続ける毎日。そんな彼女の第一志望は、現在の学力では到底受かりそうもない向陽大。望には、周囲から反対されながらも、この学校に絶対入学しなければならない秘密があったのだ。そんなことには全く気づかない馬場の片想いは次第にエスカレートしていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2007年5月上旬号

特別企画 GW直前! 見逃せないミニシアター作品一挙紹介:「机のなかみ」吉田恵輔[監督] インタビュー

特別企画 GW直前! 見逃せないミニシアター作品一挙紹介:「机のなかみ」作品評