男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

幸福な食卓

  • こうふくなしょくたく
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    74.5点(110人)

  • 観たひと

    200

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2007/1/27
上映時間 108分
製作会社 ジェネオンエンタテインメント/松竹/電通/テレビ朝日/IMAGICA/LDH/アドギア・ディスティニー
配給 松竹
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督小松隆志 
脚本長谷川康夫 
原作瀬尾まいこ 
エグゼクティブプロデューサー遠谷信幸 
松本輝起 
高野力 
林紀夫 
企画小滝祥平 
梅澤道彦 
鈴木尚 
伊東森人 
製作気賀純夫 
迫本淳一 
島本雄二 
亀山慶二 
プロデューサー雨宮有三郎 
杉山登 
内藤和也 
森谷晁育 
山口敏功 
撮影喜久村徳章 
美術金田克美 
音楽小林武史 
録音武進 
照明大坂章夫 
編集阿部亙英 
アソシエイトプロデューサー森雅貴 
五郎丸弘二 
小久保聡 
伊藤仁吾 
杉浦敬 
装飾松本良二 
整音小野寺修 

キャスト

出演北乃きい 中原佐和子
平岡祐太 中原直
羽場裕一 中原弘
石田ゆり子 中原由里子
勝地涼 大浦勉学
さくら 小林ヨシコ

解説

崩壊した家族を健気に支えてきた佐和子の身に起こる突然の悲劇。しかし、皮肉にもその悲劇により、家族は再生の道を歩み始める。気鋭の作家・瀬尾まいこのベストセラー小説の映画化。主人公を演じるのは、【ミスマガジン2005】グランプリ獲得で一躍脚光を浴びた北乃きい。監督は、映画「仮面学園」「ワイルド・フラワーズ」の小松隆志。

あらすじ

「父さんは、今日で父さんを辞めようと思う」。始業式の朝、家族の食卓で、突然「父さん」(羽場裕一)が口にした意外な一言。佐和子(北乃きい)の中学校生活最後の1年は、こうして始まります。中原家は、教師の「父さん」、専業主婦の「母さん」(石田ゆり子)、兄の「直ちゃん」(平岡祐太)、佐和子の4人家族。これといって深刻な問題はないけれど、お互いが何か“言いたいこと”を抱えたときは、必ず四人が顔を揃える毎朝の食卓の場で伝え合う……そんなささやかなルールを大切にしてきた家族でした。だが3年前のある日、突然訪れた「父さん」の心の崩壊。その日から、佐和子の家族の歯車が少しずつ狂い始めた。成績はいつも学校で一番だった「直ちゃん」は大学進学を辞めて農業をやり、「母さん」は家を出て一人暮らしを始める。それでも「父さん」と「母さん」は日々連絡を取り合っているし、毎朝の食卓は健在。そんな危ういながらも淡々と続く家族の日常に、新たな波紋を投げかけた「父さん」の一言。いったい、どうなってしまうんだろう? 高校受験を前に小さな心を揺らすそんな佐和子の前に現れる転校生、「大浦くん」(勝地涼)。彼の存在は佐和子にとって次第に大きなものになって行くのだが……。崩壊した家族を健気に支えてきた佐和子の身に起こる突然の悲劇。しかし皮肉にもその悲劇により、家族は再生への道を歩み始めるのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2007年4月上旬号

劇場公開映画批評:幸福な食卓