男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ザ・ドライバー

  • ざどらいばー
  • The Driver
  • ----

amazon


  • 平均評点

    70.2点(145人)

  • 観たひと

    244

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1978
公開年月日 1978/9/2
上映時間 0分
製作会社 EMIフィルム作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

夜のロスアンジェルスを舞台に、ギャングや強盗の逃走を請負うプロの『逃げ屋』ドライバーを中心に都会に生きる人々を描くカー・アクション映画。製作はローレンス・ゴードン、監督・脚本はウォルター・ヒル、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はマイケル・スモール、編集はティナ・ハーシュとロバート・K・ランバート、美術はデビッド・ハバー、メイクアップはガリイ・リディアード、スタント構成はイベレット・クリーチが各々担当。出演はライアン・オニール、ブルース・ダーン、イザベル・アジャーニ、ロニー・ブレイクリー、マット・クラーク、フェリチェ・オーランディ、ジョセフ・ウォルシュ、ルディ・ラモス、フランク・ブルーノなど。

あらすじ

その男『ドライバー』(ライアン・オニール)はエンジンをふかして賭博場の前で待っていた。賭博場から出てきたのは賭博の売り上げ金を強奪して逃げてきた覆面の男2人で、『ドライバー』は無表情に彼らを乗せ逃走する。『ドライバー』は銀行ギャングや強盗の逃走を請負うプロの逃げ屋なのだ。彼のドライブ・テクニックは巧みでベテランのパトカーも追いつけない。パトカーの必死の追跡からうまく逃げきり、仕事の依頼主から礼金をうけとるとそのまま無表情に消え去った。彼を執拗に追う『刑事(デイテクテイブ)』(ブルース・ダーン)はいつも捜査線上に浮かんでも現場と証拠をつかめない『ドライバー』の逮捕にやっきになっていた。そこで『刑事』はスーパーマーケットを襲撃した3人組の1人『眼鏡(グラス)』を捕え、『ドランバー』に罠をかけるべく取り引きをする。『ドライバー』に仕事を頼み誘い出すことに成功したら逃がしてやる、というのだ。『刑事』はそのためにナンバーを控えた札200万ドルを囮に使う銀行に用意させ、それを強奪させた。しかし欲にかられた『眼鏡』は『刑事』を裏切って仲間とともに200万ドルを一人占めにしようとし、それに気づいた『ドライバー』は、『連絡屋(コネクション)』と呼ばれる女を通して暗黒街に換金してもらい、逃走する計画を立てる。駅のロッカーを利用して行なわれる金の受け渡しには、『賭博師(プレイヤー)』という美女のギャンブラーをたてた。しかし、暗黒街の換金屋は列車の中で『刑事』に殺されてしまう。『刑事』は、計画通り駅にとって返し、別のロッカーに入れられた金を取りにきた『ドライバー』を捕えるが、驚いたことにカバンの中は空っぽだった。換金屋が『ドライバー』を騙し金をぬいてあったのだ。それが彼を救うことになったのだった。証拠がなく、今回もまた『ドライバー』は『刑事』の逮捕を免れた。

関連するキネマ旬報の記事

2012年10月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「ザ・ドライバー」

1978年10月上旬秋の特集号

外国映画批評:ザ・ドライバー

1978年9月下旬号

外国映画紹介:ザ・ドライバー

1978年8月下旬号

特別カラー・グラビア:ザ・ドライバー

グラビア:ザ・ドライバー

特集 「ザ・ドライバー」:座談会 「ザ・ドライバー」大都会に生きるプロフェッショナルの孤独な闘争 生島治郎×長谷部安春×河野基比古×大石尚

特集 「ザ・ドライバー」:分析採録

1978年3月下旬号

グラビア:ザ・ドライバー