男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マリア(2006)

  • まりあ
  • The Nativity Story
  • THE NATIVITY STORY

amazon


  • 平均評点

    60.6点(31人)

  • 観たひと

    50

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2007/12/1
上映時間 100分
製作会社
配給 エイベックス・エンタテインメント
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

キリスト誕生以前の母マリアとその夫ヨセフの姿を、神学や歴史などあらゆる専門家の協力を得て忠実に描いたドラマ。監督は「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」のキャサリン・ハードウィック。出演は、「クジラの島の少女」のケイシャ・キャッスル・ヒューズ、「グッドボーイズ」のオスカー・アイザック。

あらすじ

聖職者ザカリヤは、高齢の妻エリサベトが息子を身ごもるという神の啓示を受ける。ナザレに住むマリア(ケイシャ・キャッスル・ヒューズ)は、ヨセフ(オスカー・アイザック)との婚約が整ったことを両親から告げられる。見ず知らずの男性との結婚に取り乱したマリアは、オリーブの林に逃げ込む。そこで天使ガブリエルと出会い、自分が神の子を身ごもることを知る。エルサレムでは、救い主誕生の予言に怯えたヘロデ大王(キアラン・ハインズ)が、救い主になる可能性のある者を全て殺害する命を下す。ペルシアでは東方の三博士、学者メルキオール(ナディム・サワラ)、通詞ガスパール(ステファン・カリファ)、天文学者バルタザール(エリック・エブアニー)が救い主誕生の兆候を感じ、ユダへ旅立つ。マリアは親類のエリサベトを訪ねる。エリサベトが啓示通り受胎したのを知り、自分の告知も真実であると確信する。ナザレに戻ったマリアは妊娠していることが露になり、村人から蔑まれる。両親やヨセフも彼女の言うことを信じない。しかし次の夜、ヨセフの夢にガブリエルが現れ、マリアの話は本当だと告げる。ヨセフはマリアを守ることを誓う。ヘロデ大王は救い主を探すため、人口調査を命ずる。マリアとヨセフは子供を守るため、ヨセフの故郷ベツレヘムへ長く険しい旅に出る。東方の三博士は、偶然ヘロデ大王の正餐に列席することになる。王は三博士に、生まれてくる子供の居場所を知らせるよう言いつける。ヨセフたちがベツレヘムに着くと同時に、マリアが産気づく。宿が見つけられず、マリアは家畜小屋でイエスを出産する。その瞬間、天の星は一列に並び、強烈に光る1つの星になった。それを目撃した三博士は家畜小屋に辿りつく。三博士はヘロデ大王に報告することは間違いであることに気づく。三博士が戻らないので、王は幼児の大虐殺を命ずる。兵士がベツレヘムを目指しているころ、ガブリエルはヨセフに忠告を与える。それによってヨセフたちは間一髪でエジプトへ逃れるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2007年12月下旬号

特別企画 ミニシアターで観る世界の映画:「マリア」