男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ナンバー23

  • なんばーとえんてぃすりー
  • The Number 23
  • THE NUMBER 23

amazon


  • 平均評点

    56.6点(102人)

  • 観たひと

    204

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2007
公開年月日 2007/11/23
上映時間 99分
製作会社
配給 角川映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ジム・キャリー Walter Sparrow / Fingerling
ヴァージニア・マドセン Agatha Sparrow / Fabrizia
ローガン・ラーマン Robin Sparrow
ダニー・ヒューストン Isaac French / Dr. Miles Phoenix
ローナ・ミトラ Laura Tollins
リン・コリンズ Suicide Blonde / Mrs. Dobkins / Young Fingerling's Mother

解説

小説の中の出来事が現実とリンクし始め、周囲では様々な事件が起こり始める。謎が謎を呼び、やがて衝撃の結末へと至るサスペンス・ミステリー作品。主演は「トゥルーマン・ショー」のジム・キャリー。ほか「サイドウェイ」のヴァージニア・マドセン、「アビエイター」のダニー・ヒューストンが脇を固めている。監督は「オペラ座の怪人」のジョエル・シューマッカー。

あらすじ

動物管理局に勤めるウォルター・スパロウ(ジム・キャリー)は、美しい妻と快活な息子に囲まれ、平穏な日々を送っていた。2月3日、彼の誕生日に妻アガサ(ヴァージニア・マドセン)は『ナンバー23』という本をプレゼントした。その本はゾッとするような殺人ミステリーだった。「この小説に登場する者はすべて想像上の人物であり、万が一、その生死に関わらず実在の人物によく似た者を見つけた場合、そこから先は読まないでください…」その本はそんなメッセージから始まっていた。仕事も忘れ、憑かれたように読みふけるウォルター。何より彼の興味を惹いたのは小説の主人公・フィンガリングの生い立ちが、自分のものと酷似していたことだった。その事実の符合が意味するものは一体何なのか?小説の中で刑事となったフィンガリングは、やがて「23」という数字の呪いにとり憑かれて行く。だが、物語は22章で未完のまま終了していた。そして気がつくと「23」の呪いは、現実のウォルターをも虜にしていたのだった。誕生日、運転免許証、社会保障番号など彼にまつわる情報、そして目にするもの全てに「23」が潜んでいる。ウォルターは本の中にヒントを見つけ出し、ある人物をつきとめた。しかしその人物は「スパロウには地獄が待っている、きっと…」と言葉を残して自殺してしまった。全ての鍵は『ナンバー23 』の著者が握っている。その数字の呪いの謎とは一体何か? そしてウォルターとその物語を繋ぐ人物とは……!?

関連するキネマ旬報の記事