男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ONCE ダブリンの街角で

  • わんすだぶりんのまちかどで
  • Once
  • ONCE

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    75.1点(484人)

  • 観たひと

    757

  • 観たいひと

    76

  • レビューの数

    71

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 アイルランド
製作年 2006
公開年月日 2007/11/3
上映時間 87分
製作会社 Samson Films/Summit Entertainment
配給 ショウゲート
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

アイルランドのダブリンを舞台に、ストリート・ミュージシャンの男と移民の女が、言葉にできないもどかしさを音楽に託し心を通わせていく、ラブストーリー。監督は「オン・ザ・エッジ 19歳のカルテ」(未)のジョン・カーニー。出演は「ザ・コメットメンツ」のグレン・ハンサード、映画初出演のマルケタ・イルグロヴァほか。2007年サンダンス映画祭ワールドシネマ部門観客賞ほか受賞。

あらすじ

ダブリンの街角で、男(グレン・ハンサード)はストリート・ミュージシャンをしている。しかし、彼の前に足を止める者はいない。そこへ雑誌や花を売っている女(マルケタ・イルグロヴァ)が現れる。矢継ぎ早な質問を疎ましく思いながら、男は昼間の彼の仕事である掃除機の修理を約束させられる。翌日、女が壊れた掃除機を引きずってやってくる。彼は再会に驚きながら、その強引さに押され、彼女がピアノを弾かせてもらうという楽器店に立ち寄る。彼女のピアノの腕を確信した彼は、自分が書いた曲を一緒に演奏してみないかと持ちかける。二人のセッションは予想を遥かに上回り、美しいハーモニーを生み出した。彼はその演奏に喜びを覚え、彼女に惹かれていく。翌日、男は自分の曲が入ったCDとプレイヤーを渡す。彼女の家に寄った彼は、彼女から母親と幼い娘を紹介され、シビアな移民の共同生活を目にする。男は曲に詞を付けてみないかと持ちかけ、女は喜んで心に抱えていた想いを詞にこめる。彼女は家政婦の仕事に追われ、彼も掃除機の修理と父親の世話をし、別れた恋人のビデオを見ながら曲を作る。女は、故郷に夫がいることを告白。夫を愛しているのかと覚えたてのチェコ語で問う男だが、彼女の返事と笑顔の意味はわからない。音楽を通じ、徐々に距離を縮める二人。男はロンドンへ渡る決心をし、最後の週末を一緒に数曲レコーディングしたいと提案。女は積極的に行動し、レコーディングをセッティングする。当日、エンジニアはタイトな演奏と完成された曲に好反応を示し、録音は順調に進んでいく。しかし、書きかけの曲を男の前で弾いた彼女は、突然泣き崩れる。彼女は一人で家族を養っていたのだが、寂しさゆえ男の優しさに心が揺らぎ始めていたのだった。一緒にロンドンへ行き音楽をやろうと彼は誘うが、母を連れて行っていいかとの一言で、二人の間に沈黙が訪れる。完成したCDを受け取る女。別々の道を歩んでいくのか、一時の別れになるのか定かではないが、二人は微笑んで別れるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2007年12月上旬号

劇場公開映画批評:ONCE ダブリンの街角で

2007年11月下旬号

作品特集 「ONCE ダブリンの街角で」:ジョン・カーニー[監督] インタビュー

作品特集 「ONCE ダブリンの街角で」:グレン・ハンサード インタビュー

作品特集 「ONCE ダブリンの街角で」:コラム アイリッシュ音楽の魅力

作品特集 「ONCE ダブリンの街角で」:作品評