男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

タロットカード殺人事件

  • たろっとかーどさつじんじけん
  • Scoop
  • SCOOP

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    70.6点(186人)

  • 観たひと

    364

  • 観たいひと

    54

  • レビューの数

    25

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2006
公開年月日 2007/10/27
上映時間 95分
製作会社 BBC Films/Ingenious Film Partners/Jelly Roll Productions/Perdido Productions
配給 ワイズポリシー
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ジム・ダンク Funeral Speaker
ロバート・バサースト Strombel's CoWorker
ジョフ・ベル Strombel's CoWorker
クリストファー・フルフォード Strombel's CoWorker
ナイジェル・リンゼイ Strombel's CoWorker
イアン・マクシェーン Joe Strombel
フェネラ・ウールガー Jane Cook
ピーター・マスティン Death
ドリーン・マントル Joe's CoPassenger
デイヴィッド・シュナイダー Joe's CoPassenger
ミーラ・サイアル Joe's CoPassenger
ケヴィン・R.マクナリー Mike Tinsley
ロビン・カー Tinsley’s Fan
リチャード・スターリング Tinsley’s Fan
スカーレット・ヨハンソン Sondra Pransky
ロモーラ・ガライ Vivian
キャロリン・バックハウス Vivian's Mother
グオ・トア 
サミュエル・フレンド Vivian's Brother
マーク・ヒープ MC
ウディ・アレン Sid Waterman
スージー・キーワー Splendini's Assistant
ジョディ・ハルス 
マット・デイ Jerry Burke
エリザベス・ベリントン Antique Shop Woman
Rupert Frazer Antique Shop Man
クリストファー・ゴッドウィン Desk Clerk
ヒュー・ジャックマン Peter Lyman
ジュリアン・グローヴァー Lord Lyman
ポーラ・ウィルコックス Garden Party Guest
ジョン・スタンディング Garden Party Guest
サンジーヴ・バスカー Poker Player
ジョン・ライト Poker Player
ティナ・ラス Wendy Beamish
キャロライン・ブラキストン Mrs. Quincy
リチャード・ジョンソン Mr. Quincy
ウィリアム・ホイランド Butler
モヤ・ブラディ Screamer
ロージー・カヴァリエロ Pedestrian
アンソニー・オドネール Pedestrian
チャールズ・ダンス Mr. Malcolm
リンダ・バロン Tenant
フィル・コーンウェル Tenant
ヴィクトリア・ハミルトン Jan
メグ・ウィン・オーウェン Housekeeper
アレクサンダー・アームストロング Cop
アンソニー・ヘッド Detective
ジュリア・ディーキン Sid's CoPassenger
マーガレット・タイザック Sid's CoPassenger
ジェフリー・ウィッカム Sid's CoPassenger

解説

ウディ・アレンが、イギリスを舞台に、連続殺人事件をコミカルに描く。ヒロインの女子大生に、「マッチポイント」に続き、ウディ・アレン監督作品に二度目の抜擢となるスカーレット・ヨハンソン。ヒロインのパートナーとして、共に事件解決を目指すマジシャンにウディ・アレン。連続殺人事件の容疑者となる貴族には、「X-メン」のヒュー・ジャックマン。

あらすじ

急死した新聞記者、ストロンベル(イマン・マクシェーン)は、三途の川を渡る船に乗っていた。偶然乗り合わせた女性は、ストロンベルに、ロンドンを騒がせている連続殺人事件の犯人が、青年貴族ピーター(ヒュー・ジャックマン)であることを告げる。ストロンベルは、事件の真相を誰かに伝えようと、三途の川を泳いで引き返していくのだった。一方、ジャーナリストに憧れるアメリカの女子大生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)は、夏休みにロンドンの友人宅を訪れた。ある日、サンドラは、友人に導かれ、マジックショーを観賞する。舞台に現れたマジシャン・スプレンディーニ(ウディ・アレン)は、箱に入れた人間を消すマジックの協力者として、サンドラを選ぶ。舞台に上げられ、暗い箱に入れられたサンドラはその中で、ストロンベルに出会い連続殺人事件に関する大スクープを聞かされる。サンドラは、翌日、再びマジックショーを訪れスプレンディーニに事情を説明する。最初のうちは、信じようとしなかったスプレンディーニだが、実際にストロンベルが再び姿を現すのを見て、サンドラへ協力することを決める。プレイボーイのピーターに近づくため、サンドラは、ピーターが会員となっているプールで溺れたふりをすることに。作戦は成功しピーターはサンドラを助け、自宅で行われるパーティーへと招待する。スプレンディーニもサンドラの父と偽って、二人はパーティーへ。だが、ピーターが犯人である確証はつかめないまま、サンドラは次第にピーターの魅力に惹かれ始めてしまい……。

関連するキネマ旬報の記事

2007年11月上旬特別号

作品特集 「タロットカード殺人事件」:ウディ・アレン 71歳の成長期

作品特集 「タロットカード殺人事件」:ウディ・アレン作品のスカーレット・ヨハンソン

作品特集 「タロットカード殺人事件」:作品評

作品特集 「タロットカード殺人事件」:イギリスでのウディ・アレン&次回作