男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヒルズ・ハブ・アイズ

  • ひるずはぶあいず
  • The Hills Have Eyes
  • The Hills Have Eyes

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    69.0点(60人)

  • 観たひと

    112

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2007/9/29
上映時間 107分
製作会社
配給 プレシディオ
レイティング R-18
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

砂漠で立ち往生した元警官の家族がそこに住む食人一家に襲われる恐怖を描いたショッキング・スリラー。ホラーの巨匠、ウェス・クレイヴン監督の名作「サランドラ」(1977)を、「ハイテンション」のアレクサンドル・アジャ監督が情け容赦ない残酷描写の連打でリメイク。その設定により日本公開が一時中止となった曰く付きの作品。製作はオリジナル版監督のウェス・クレイヴン。脚本はアレクサンドル・アジャと、「ハイテンション」でもコンビを組んだグレゴリー・ルヴァスール。「アポロ13」でアカデミー助演女優賞にノミネートのキャスリーン・クインランらが出演している。

あらすじ

警官を退職したボブ(テッド・レヴィン)のカーター一家はキャンピングカーでニューメキシコ州の砂漠地帯を進んでいた。目的地はカリフォルニア。途中、道に迷った一家の車は、さらに何者かの手によってパンクさせられてしまう。核実験場所に近い砂漠のど真ん中で立ち往生する羽目に陥った一家を、岩山の影からじっと見つめる目があった。彼らは放射能による突然変異で食人鬼と化したファミリーだった。そして、彼らの襲撃が始まる。異形の者たちの罠にかかり、一人、また一人と殺されていくカーター一家。廃墟と化した謎の村に隠された冷戦時代の悪夢が今、明らかになる。

関連するキネマ旬報の記事

2007年11月上旬特別号

劇場公開映画批評:ヒルズ・ハブ・アイズ