男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ミルコのひかり

  • みるこのひかり
  • Rosso Come IL Cielo
  • ----

amazon


  • 平均評点

    72.1点(35人)

  • 観たひと

    67

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イタリア
製作年 2005
公開年月日 2007/9/8
上映時間 100分
製作会社 オリサ・プロドゥジオーニ
配給 シネカノン
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

イタリア映画界で活躍する盲目のサウンドデザイナー、ミルコ・メンカッチの少年時代の実話に基づくストーリー。映画をこよなく愛する少年が、両目の視力を失ってから、音の世界と出会い自らを取り戻していく過程を描く。監督・脚本・製作はクリスティアーノ・ボルトーネ。共同脚本はモニカ・ザペッリ、パオロ・サッサネッリ。音楽は「僕は怖くない」のエツィオ・ボッソ。出演はルカ・カプリオッティ、他。

あらすじ

1970年代初頭、イタリアのトスカーナ地方。10歳のミルコ(ルカ・カプリオッティ)は両親の深い愛情を受けて育つ映画好きの少年。ある日、ミルコは祖父の古い銃を暴発させてしまい両目の視力を失ってしまう。当時のイタリアの法律では、視覚障害者は普通学校には通えない規則になっており、ミルコはやむなく遠く離れたジェノヴァの全寮制の盲学校に転校することになる。映画を見られないだけでなく、この境遇をなかなか受け入れられないミルコは心を閉ざしがちになっていくが、転機はふいに訪れた。ミルコは古いテープレコーダーを偶然見つけ、音だけで世界を作っていくという新たな楽しみを覚える。古い規律や体制を重んじる校長たちはミルコからその楽しみを取り上げようとする。ところがミルコの聴力の才能にいち早く気付いたジュリオ神父(パオロ・サッサネッリ)は、学校に内緒で新しいテープレコーダーを与える。寮の管理人の娘であるフランチェスカにも助けられながら、ミルコはその後も物語を録り続けていく。やがてフランチェスカが考案した物語にクラスメイトたちも興味を持ち、その遊びに参加するようになる。ミルコの自由を信じる力は、周囲にも影響を与えはじめる。ある晩、こっそりと寮を抜け出し、ミルコたちは映画館へ行く。閉ざされた世界で暮らす子供たちにも夢と可能性があることを気付かせていくのである。しかし、ミルコが新しいテープレコーダーを持っていることが発覚し、ついに校長から退学処分を言い渡されてしまう。ミルコが自分自身の問題と向き合っている最中、外の世界では社会改革のための運動が盛んになってきていた。そんな折、ミルコとフランチェスカはエットレ(マルコ・コッチ)という視覚障害者の運動家に出会う。

関連するキネマ旬報の記事