男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ファウンテン 永遠につづく愛

  • ふぁうんてんえいえんにつづくあい
  • The Fountain
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    49.7点(42人)

  • 観たひと

    86

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2007/7/14
上映時間 97分
製作会社
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督ダーレン・アロノフスキー 
脚本アリ・ハンデル 
エクゼクティブ・プロデューサーニック・ウェシュラー 
プロデューサーエリック・ワトソン 
アーノン・ミルチャン 
イエン・スミス 
撮影監督マシュー・リバティック 
プロダクション・デザイナージェイムズ・チンランド 
編集ジェイ・ラビノウィッツ 
衣装デザインレニー・エイプリル 
作曲クリント・マンセル 
アソシエイト・プロデューサーアリ・ハンデル 
ヴィジュアル効果デザイナージェレミー・ドウソン 
ダン・シュレッカー 
キー特殊効果メークアップ・アーティストエイドリアン・モロット 

キャスト

解説

自らの死を悟り、夫への思いを託してある物語を綴る妻。その死を防ぐため、治療薬の開発に没頭する夫。愛するものの死を、三つの世界を舞台に描くラブ・ストーリー。監督は、「レクイエム・フォー・ドリーム」のダーレン・アロノフスキー。夫・トミーを「X-MEN」シリーズのヒュー・ジャックマンが、妻・イジーを「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズが演じている。

あらすじ

医師のトミー(ヒュー・ジャックマン)は、病に冒され、わずかの命となった妻イジー(レイチェル・ワイズ)を、なんとか救おうと、治療薬の開発を続けていた。イジーは、残された時間をできるだけ多くトミーと過ごしたいのだが、トミーは、研究のことばかり考えている。イジーの病状は次第に悪化していく。トミーの焦りは激しくなるばかりで、無茶な実験を繰り返すあまり、研究所から休暇を与えられるほどだった。そんなトミーに、イジーは、自分が書いているある物語を読ませる。それは、「ファウンテン」と題されており、中世を舞台に、騎士トマス(ヒュー・ジャックマン)が、愛する女王イザベル(レイチェル・ワイズ)のために、永遠の命を得られるという伝説の泉“ファウンテン”を探す物語だった。最終章だけが書き上げられていない「ファウンテン」を読み終えた時、イジーの発作が起きる。どうしてもイジーを失いたくないトミーは、その死の恐怖を抑えきれない。だが、一方、イジーは、トミーの愛を強く感じ、穏やかな気持ちで死を受け入れようとしていた。イジーは、トミーに、ペンとインクを手渡し、未完の「ファウンテン」をトミー自身の手で完成させるように願うのだった。それこそが、二人の愛のあかしとなると、イジーは信じていた。

関連するキネマ旬報の記事

2007年8月下旬号

劇場公開映画批評:ファウンテン 永遠につづく愛