男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

シュレック3

  • しゅれっくすりー
  • Shrek the Third
  • Shrek the Third

amazon


  • 平均評点

    66.2点(143人)

  • 観たひと

    402

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル アニメーション / ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 2007
公開年月日 2007/6/30
上映時間 93分
製作会社 DreamWorks Animation=Pacific Data Images (PDI)
配給 アスミック・エース=角川エンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演(声)マイク・マイヤーズ (声)Shrek
エディ・マーフィ (声)Donkey
キャメロン・ディアス (声)Princess Fiona
アントニオ・バンデラス (声)Puss in Boots
ジュリー・アンドリュース (声)Queen Lillian
ジョン・クリース (声)King Harold
ルパート・エヴェレット (声)Prince Charming
エリック・アイドル (声)Merlin
ジャスティン・ティンバーレイク (声)Artie
エイミー・セダリス (声)Snow White
エイミー・ポーラー (声)Cinderella
マヤ・ルドルフ (声)Rapunzel
シェリ・オテリ (声)Sleeping Beauty
濱田雅功 (声)Shrek
山寺宏一 (声)Donkey
藤原紀香 (声)Princess Fiona
竹中直人 (声)Puss in Boots
橘慶太 (声)Artie
大沢あかね (声)Snow White
星野亜希 (声)Cinderella
光浦靖子 (声)Rapunzel
大久保佳代子 (声)Sleeping Beauty

解説

心優しい緑の怪物とその仲間たちの活躍を、シニカルでユーモアたっぷりに描くファンタジー・アニメの第三弾。オリジナルキャストの続投に加え、ジャスティン・ティンバーレイクが声を担当した新キャラクター・アーサーも登場。「シュレック」「シュレック2」で脚本を務めたクリス・ミラーが長編アニメ監督に初挑戦。

あらすじ

様々な困難を乗り越え、ついにフィオナ姫(声:キャメロン・ディアス)と結ばれたシュレック(マイク・マイヤーズ)は幸せな生活を送っていた。ところが遠い遠い王国で病に伏せるハロルド国王(ジョン・クリーズ)の体調が思わしくなく、仕方なくシュレックたちは国務を代理で務めることに。行事にもうんざりしてきたところ、ハロルド国王が逝去してしまう。次の国王になるのはフィオナ姫の夫であるシュレックだが、シュレックにその意思はない。そこでもうひとりの王位後継者だというアーサー(ジャスティン・ティンバーレイク)を探しに、ロバのドンキー(エディ・マーフィー)と長ぐつをはいた猫(アントニオ・バンデラス)と旅に出ることにする。その上、フィオナのお腹の中にはシュレックとの待望のベビーがいることも判明する。一方、チャーミング王子(ルパート・エヴェレット)も王位が諦められず、悪の軍団を組織して王国乗っ取り作戦を開始する。果たしてシュレックはアーサーを無事に連れてくることができるのだろうか? そして、遠い遠い国の王位をめぐる戦いは、いったいどうなってしまうのだろうか?

関連するキネマ旬報の記事

2007年7月下旬号

劇場公開映画批評:シュレック3