男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

あるスキャンダルの覚え書き

  • あるすきゃんだるのおぼえがき
  • Notes on a Scandal
  • NOTES ON A SCANDAL

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    70.6点(158人)

  • 観たひと

    269

  • 観たいひと

    28

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 イギリス
製作年 2006
公開年月日 2007/6/2
上映時間 92分
製作会社
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

15歳の教え子と関係を持ってしまった女教師と、その秘密を握った初老の女教師の駆け引きを描いた愛憎サスペンス。原作はゾーイ・ヘラーの同名ベストセラー小説。出演は「007」シリーズのジュディ・デンチ、「バベル」のケイト・ブランシェット、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのビル・ナイ。監督は「アイリス」のリチャード・エアー。

あらすじ

ロンドン郊外の中等学校で歴史を教える教師バーバラ・コヴェット(ジュディ・デンチ)は、厳格な態度で生徒に接するベテラン。同僚や社会に対しても批判的なので周囲からは疎まれており、社会から孤立している独身女性。そんなある日、彼女は労働者階級の子供たちが通う学校に赴任してきたばかりの美人教師、シーバ・ハート(ケイト・ブランシェット)に目を留める。彼女に心惹かれたバーバラは、それ以来、シーバの様子にこっそり目を配り、日記に彼女のことを書き綴るようになった。まもなく、シーバの受け持つクラスで騒動が起きる。その騒ぎを、偶然通りかかったバーバラが鎮め、シーバは彼女に心からの感謝を捧げた。それをきっかけに急速に親しくなる二人。バーバラはシーバの自宅にも招かれ、彼女の夫リチャード(ビル・ナイ)や子供たちとも交流を持った。だがやがてバーバラは、美術教室でシーバが15歳の男子生徒とセックスしている姿を目撃してしまう。その少年は、以前バーバラが叱り飛ばしたスティーヴン・コナリー(アンドリュー・シンプソン)だった。衝撃を受けたバーバラは、数日後、シーバをパブに呼び出してすべてを告白させる。シーバの秘密を握ったバーバラは、彼女との友情を堅固なものにしようと、歪んだ本性を徐々に現していった。だが、やがてシーバのスキャンダルは公になってしまい、彼女の生活は崩壊。バーバラとの関係も完全に壊れてしまう。そして別の学校に移ったバーバラは、また新たな見知らぬ女性に声を掛けるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2007年8月上旬号

劇場公開映画批評:あるスキャンダルの覚え書き

2007年6月下旬号

キネ旬チョイス 「あるスキャンダルの覚え書き」:作品評