男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

スパイダーマン3

  • すぱいだーまんすりー
  • Spider-Man 3
  • ----
  • 平均評点

    70.1点(558人)

  • 観たひと

    1248

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    50

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 2007
公開年月日 2007/5/1
上映時間 139分
製作会社
配給 ソニー・ピクチャーズ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

大ヒットアクションシリーズ「スパイダーマン」シリーズ第3作目。スパイダーマンがニューヨークを舞台に、史上最強の新たなる敵に立ち向かう。監督は前作に引き続きサム・ライミ。主要キャストは「スパイダーマン2」同様にトビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト、ジェームズ・フランコが務める。

あらすじ

恋人のMJ・ワトソン(キルスティン・ダンスト)がブロードウェイ女優になり、ピーター・パーカー(トビー・マグワイア)はプロポーズを決意する。ある夜、ピーターは何者かに襲われる。敵は父ノーマンの力を受け継ぎ「ニュー・ゴブリン」となったハリー・オズボーン(ジェームス・ブランコ)。闘いの末、ハリーは記憶障害を患い、ピーターが父の仇であることを忘れてしまう。その頃、マルコ(トーマス・ヘイデン・チャーチ)という脱獄囚が警察に追われていた。逃げのびた研究所で分子分解されてしまった彼は、砂の体を持つ「サンドマン」となる。新聞各紙で酷評されたMJが舞台を降板させられる一方、スパイダーマンは名誉市民賞をもらうなど大活躍。誤解やすれ違いもあり、MJと連絡が取れなくなりピーターは焦る。そんな折、ベン伯父さんを殺した真犯人がマルコであると判明する。憎悪に燃えるピーターが目覚めると、謎の黒い液体生物に包まれ、段違いの能力をもつ「ブラック・スパイダーマン」となっていた。その姿でマルコと闘い、ピーターは復讐を果たす。記憶を取り戻したハリーの差し金で、突然MJから別れを告げられるピーター。怒りに任せブラック・スパイダーマンでハリーを倒すが、ピーターとMJの仲も不穏なままとなる。数日後、謎の液体生物は宿主の攻撃性を増幅させる性質があることが判明する。ブラックスーツで性格も攻撃的になるピーターだが、MJを殴ってしまったことをきっかけに我に返りスーツを破り捨てる。宿主を失った液体生物は、ピーターに捏造写真を見破られ職を失ったエディ(トファー・グレイス)に取り付き、新たな敵「ヴェノム」へと姿を変える。ヴェノムは生きていたサンドマンと手を組み、MJを人質に取りスパイダーマンを誘い出す。窮地のスパイダーマンを助けたのは、父の死の真相を知ったハリーであった。MJを救い、敵も退けるが、ハリーは自らを犠牲にピーターを庇い、死んでしまう。ハリーの葬儀の後、シンガーとしてMJが働くジャズクラブをピーターは訪れる。ふたりは抱擁を交わし、愛の絆を取り戻す。

関連するキネマ旬報の記事

2007年10月上旬号

「スパイダーマン3」:

2007年7月上旬号

劇場公開映画批評:スパイダーマン3

2007年5月下旬号

巻頭特集 「スパイダーマン3」:グラビア

巻頭特集 「スパイダーマン3」:サム・ライミ[監督] インタビュー

巻頭特集 「スパイダーマン3」:アヴィ・アラド[製作] インタビュー

巻頭特集 「スパイダーマン3」:前2作を振り返る

巻頭特集 「スパイダーマン3」:次に映画化してほしいアメコミはこれだ!

巻頭特集 「スパイダーマン3」:トビー・マグワイア インタビュー

巻頭特集 「スパイダーマン3」:コラム:スパイディの成長vsトビーの成長

巻頭特集 「スパイダーマン3」:キルスティン・ダンスト インタビュー

巻頭特集 「スパイダーマン3」:ジェームズ・フランコ インタビュー

巻頭特集 「スパイダーマン3」:トーマス・ヘイデン・チャーチ インタビュー

巻頭特集 「スパイダーマン3」:作品評

巻頭特集 「スパイダーマン3」:検証 なぜかくも「スパイダーマン」は愛されるのか?

HOT SHOTS:来日会見ルポ「スパイダーマン3」

2007年2月下旬決算特別号

SPECIAL SELECTION:「スパイダーマン3」