男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バベル

  • ばべる
  • Babel
  • Babel

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    67.0点(701人)

  • 観たひと

    1387

  • 観たいひと

    88

  • レビューの数

    81

基本情報

ジャンル 社会派
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2007/4/28
上映時間 143分
製作会社
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

モロッコで起こった一発の銃弾による悲劇が、アメリカ、メキシコ、日本の人々の運命へと連鎖する様を描いた人間ドラマ。出演は「Mr. & Mrs.スミス」のブラッド・ピット、「ライフ・アクアティック」のケイト・ブランシェット、「恋愛睡眠のすすめ」のガエル・ガルシア・ベルナル、「海でのはなし。」の菊地凛子。監督は「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。2006年カンヌ国際映画祭監督賞、同年ゴールデン・グローブ作品賞などを受賞。

あらすじ

モロッコ。幼い兄弟のアフメッド(サイード・タルカーニ)とユセフ(ブブケ・アイト・エル・カイド)は、親から一挺のライフルを手渡される。試し撃ちとして、ユセフは山道を走るバスを狙って一発の銃弾を放った。その観光バスに乗っていたのが、アメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。彼らはまだ赤ん坊だった三人目の子供が急死してから、夫婦の絆の亀裂を修復できずにいた。そんな時、ユセフの放った弾丸がスーザンの鎖骨の上に命中する。リチャードは血まみれのスーザンを抱えて医者がいる村へと走った。アメリカに残された彼らの幼い子供たち、兄のマイク(ネイサン・ギャンブル)と妹のデビー(エル・ファニング)は、メキシコ人の乳母アメリア(アドリアナ・バラッザ)に連れられてメキシコに向かう。リチャードとスーザンが帰国できなくなったので、アメリアは息子の結婚式に子供たちを連れていくことにしたのだ。やがて問題のライフルの書類上の所有者が、日本人の会社員ヤスジロー(役所広司)だと判明。彼は最近妻が自殺したことで激しい心労を抱えており、聾唖である高校生の娘チエコ(菊地凛子)との溝が深くなっていた。チエコは友人たちと渋谷で遊び回り、自宅に若い刑事(二階堂智)を呼び出して裸で迫るが、刑事に拒否される。そんな時、息子の結婚式を負えたアメリアは、再び子供たちと国境に向かう。だが飲酒運転がバレた甥のサンチャゴ(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、アメリアと子供たちを砂漠に置き去りにして逃走してしまった。翌朝、灼熱の太陽に意識が薄れていくデビー。泣きながら助けを求めるアメリア。一方、リチャードは衰弱しているスーザンと久々に優しい語らいの時を過ごす。そして日本では、チエコの心の傷に気づいたヤスジローが、久々に娘を抱きしめるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2007年6月上旬号

劇場公開映画批評:バベル

2007年5月上旬号

作品特集 「バベル」:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ[監督] インタビュー

作品特集 「バベル」:菊池凛子 インタビュー

作品特集 「バベル」:役所広司 インタビュー

作品特集 「バベル」:アドリアナ・バラッザ インタビュー

作品特集 「バベル」:ガエル・ガルシア・ベルナル インタビュー

作品特集 「バベル」:ケイト・ブランシェット インタビュー

作品特集 「バベル」:ブブケ・アイト・エル・カイド インタビュー

作品特集 「バベル」:サイード・タルカーニ インタビュー

作品特集 「バベル」:作品評

2007年4月上旬号

Kinejun front:「バベル」の字幕問題

2007年1月上旬特別号

巻頭特集 Thank you 2006, Welcome 2007 2006年を振り返り、2007年を占う:テーマ別に見る2007年公開作セレクト44 ブラッド・ピット「バベル」

2006年9月上旬号

特別企画 2006-2007期待作! KINEJUN SELECT11:「バベル」