男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ロッキー・ザ・ファイナル

  • ろっきーざふぁいなる
  • Rocky Balboa
  • Rocky Balboa

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    73.4点(423人)

  • 観たひと

    684

  • 観たいひと

    27

  • レビューの数

    62

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2007/4/20
上映時間 103分
製作会社 チャート・ウィンクラー プロダクション
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

引退したボクサーが、再びプロ・ボクシングのリングに上がる様を描いたドラマ。「ロッキー」シリーズの第六作にして最終章。監督・脚本・主演は本シリーズの顔である、シルヴェスター・スタローン。共演は本シリーズの常連でもあるバート・ヤング。

あらすじ

元ボクシング界のスター、ロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)は、妻エイドリアンに先立たれ、地元フィラデルフィアでイタリアン・レストランを経営しながら静かな日々を送っていた。息子のロバート(マイロ・ヴィンティミリア)は有名人である父に引け目を感じて家を飛び出しており、ロッキーは孤独を感じていた。そんなある時、ロッキーは昔、少し世話をしたことのあるシングルマザーのマリー(ジェラルディン・ヒューズ)に出会う。彼女とその息子ステップス(ジェームズ・フランシス・ケリー三世)との交流をきっかけに、心に火が灯り始めたロッキーは、再びボクシングを始めることを決意。熱い思いをエイドリアンの兄で親友のポーリー(バート・ヤング)に告白し、プロ・ボクサーのライセンスを再申請する。復帰を果たしたロッキーは、世界ヘヴィー級チャンピオンのディクソン(アントニオ・ターヴァー)とリングで戦うことに。そしてマリーや、勤務先の食肉工場をクビになったポーリー、人生に迷って舞い戻ってきたロバートらの協力を得て、猛トレーニングを積んでいく。いよいよ試合の日、大観衆が詰め掛けたラスベガスのリングに上がったロッキーは、ディクソンと互角の勝負を繰り広げる。結果は判定負けになったが、客席からはロッキーへの声援が止むことがなかった。

関連するキネマ旬報の記事

2007年4月下旬特別号

作品特集 「ロッキー・ザ・ファイナル」:「ロッキー」シリーズ検証

作品特集 「ロッキー・ザ・ファイナル」:シルヴェスター・スタローン インタビュー

作品特集 「ロッキー・ザ・ファイナル」:バート・ヤング インタビュー

作品特集 「ロッキー・ザ・ファイナル」:シルヴェスター・スタローンの軌跡

2007年1月上旬特別号

巻頭特集 Thank you 2006, Welcome 2007 2006年を振り返り、2007年を占う:テーマ別に見る2007年公開作セレクト44 シリーズ続編「ロッキー・ファイナル」「パッチギ! LOVE&PEACE」ほか