男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

善き人のためのソナタ

  • よきひとのためのそなた
  • Das Leben Der Anderen
  • The Lives of Others
  • 平均評点

    82.3点(394人)

  • 観たひと

    628

  • 観たいひと

    82

  • レビューの数

    59

基本情報

ジャンル 社会派
製作国 ドイツ
製作年 2006
公開年月日 2007/2/10
上映時間 138分
製作会社
配給 アルバトロス
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

1984年、国家を信じ忠実に仕えてきた共産圏の役人が、盗聴器を通して自由、愛、音楽、文学に影響を受け、いつの間にか今まで知ることのなかった新しい人生に目覚めていく。監督はのフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。出演はウルリッヒ・ミューエ。

あらすじ

1984年11月の東ベルリン、DDR(東ドイツ国家)は国民の統制と監視のシステムを強化しようとしていた。劇作家ドライマン(セバスチャン・コッホ)の舞台初日。上演後のパーティーで国家保安省(シュタージ)のヘムプフ大臣(トーマス・ティーメ)は、主演女優でドライマンの恋人でもある魅力的なクリスタ(マルティナ・ゲデック)から目が離せなくなる。党に忠実なヴィースラー大尉(ウルリッヒ・ミューエ)はドライマンとクリスタの監視および反体制的であることの証拠をつかむよう命じられる。早速ヴィースラーは彼らのアパートに向かい、屋根裏に監視室を作り盗聴を始め、詳細に記した日々の報告書を書き続けた。既にクリスタと関係を持っていたヘムプフ大臣は「君のためだ」と脅し関係を続けるよう迫っていた。その一方で、ヴィースラーは毎日の監視を終えて自分の生活に戻る度に混乱していく自分を感じていた。そんな中、ドライマンは、DDRが公表しない、東ドイツの高い自殺率のことを西ドイツのメディアに報道させようと雑誌の記者に連絡を取った。監視されていないと確信したドライマンは雑誌の記者を家に呼ぶ。匿名の記事が雑誌に載ると、緊張が走った。DORはドライマンのアパートを家宅捜査するが、何も見つけることはできなかった。クリスタに約束を破られた大臣は、薬物の不正購入を理由に彼女を逮捕させ、刑務所へ連行する。そこではヴィースラーが担当官として尋問にあたることになった。複雑な再会に戸惑いながらも、記事はドライマンによるものであると認めなければ二度と舞台に立つことはできないだろう、と脅す。クリスタは尋問に屈し、証拠となるタイプライターの隠し場所を教えてしまう。そして捜査官は、今度は確信を持ってドライマンのアパートに踏み込み、ドアの敷居を持ち上げさせるが……。

関連するキネマ旬報の記事

2007年3月下旬特別号

劇場公開映画批評:善き人のためのソナタ