男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラッキーナンバー7

  • らっきーなんばーせぶん
  • Lucky Number Slevin
  • Lucky Number Slevin

amazon


  • 平均評点

    70.5点(218人)

  • 観たひと

    415

  • 観たいひと

    26

  • レビューの数

    28

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2007/1/13
上映時間 111分
製作会社
配給 アートポート
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ニューヨークを舞台に、トラブルに巻き込まれた青年が巧妙かつ緻密に仕掛けられた罠にはまってしまうのだが、さらに意外な結末が用意されているというトリッキーなサスペンス作品。ジョシュ・ハートネットが主人公を好演。共演に、ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ルーシー・リュー。監督はポール・マクギガン。

あらすじ

人気のない駐車場で突然、車に乗ろうとしていた男が何者かに襲撃されて息絶えた。厳しく警戒された一室。武器を携帯していないはずの何者かが、ボディガードを一撃で倒し、デスクに座っている男を撃ち殺す。続く舞台は空港ロビー。椅子が並ぶ待合室では、ひとりの青年が搭乗アナウンスを待っていた。そこへ車椅子の男・グッドキャット(ブルース・ウィリス)が現われ、20年前に幸福な家族までも巻き込んだ、幸運のナンバーにまつわる世にも恐ろしい陰謀を語り出す。青年が話に引き込まれた次の瞬間、青年の命は奪われていた…。スレヴン(ジョシュ・ハートネット)はアパートで目覚めるとシャワーを浴び、痛む鼻の様子を調べていると、けたたましいノックの音にさえぎられる。訪れた女は、隣に住むリンジー(ルーシー・リュー)と名乗って砂糖を借りたいと言い、図々しく中に入り込んできて、このアパートの住人ニックの居所を尋ねる。スレヴンは仕事をクビになり、友人のニックを頼りにニューヨークへやって来たのだった。しかし街でチンピラに一撃喰らい、身分証明書まで取られてしまった。しかしスレヴンよりもニックの行方不明に興味を持ったリンジーは、一緒に捜索活動を始めようと持ちかけてくる。偶然の出来事をきっかけに、惹かれ合ってゆくふたり。しかし突然、スレヴンは見知らぬ男たちに誘拐され、ギャングの“ボス”(モーガン・フリーマン)の前に引き出される。スレヴンをニックと思い込んでいるボスは、ニックの借金の肩代わりとして、敵対するギャングのトップ、“ラビ”(ベン・キングズレー)の息子暗殺を命じる。それは、ボスの息子が殺されたことへの報復だった。了承するしかないスレヴンだが、彼が去った後のボスの傍らには、空港にいた男、グッドキャットの影があった。しかし、休む間もなくスレヴンは、今度はラビに誘拐されてしまう。ニックはこちら側にも借金を作っていたのだった。

関連するキネマ旬報の記事