男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

HAZE

  • へいず
  • Haze
  • ----

amazon


  • 平均評点

    60.3点(21人)

  • 観たひと

    41

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2006/3/4
上映時間 49分
製作会社 海獣シアター
配給 ゼアリズエンタープライズ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督塚本晋也 
脚本塚本晋也 
製作塚本晋也 
プロデューサー塚本晋也 
川原伸一 
制作福山秀美 
撮影監督塚本晋也 
撮影志田貴之 
美術監督塚本晋也 
音楽石川忠 
録音加藤大和 
音響効果北田雅也 
照明吉田恵輔 
編集塚本晋也 
助監督小出健 
安倍雄治 
スチール天満眞也 
合成井上裕一 
特殊メイク織田尚 
メイク福山秀美 

キャスト

解説

男が目を覚ますと、そこは身動きすらできないコンクリートの密室。なぜここにいるのか、ここに来る前はどこにいたのか。極限的に狭い空間を奔放に撮った、粗い粒子のハードエッジな映像に、超恐怖が、生命のエナジーをたきつける。監督、脚本、撮影監督、編集、美術監督、そして主演は塚本晋也。ヒロインに「東京フィスト」の藤井かほり。

あらすじ

男(塚本晋也)が目覚めると、体を動かすこともできないコンクリートの密室に閉じ込められていた。どうしてこんな所に。ここに来る前はどこにいたのか。唯一分かっているのは、自分の腹部が出血し、早く手をうたないと死んでしまう、ということだけ。男は必死に体を動かし、異常に狭いコンクリートの空間を移動していく。そして行くたびに恐ろしい地獄が待ち受けている。どんなに移動しても、一条の光も見ることのできない男は、ついに力尽きる。死の淵に身を横たえた時、何か忘れていた大事なイメージが甦りそうになる。そのイメージにすがりつくように最後の力を振り絞って移動していく男。すると、男はひとりの女(藤井かほり)と会う。女も地獄をくぐり抜けてここにたどり着いたようだ。男と女は、少しずつ元いた場所を思い出しそうになるが、その世界は空漠として、本当に帰りたい、帰るべき場所なのか曖昧に思えてならない。男は脱出をあきらめようとするが、女はやはりさらに進む、という。ふたりは、この地獄から脱出することができるのか。そしてこの先ふたりにどんな地獄が待ち受けているのか。そこに光はあるのだろうか……。

関連するキネマ旬報の記事