男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

サンクチュアリ(2005)

  • さんくちゅあり
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    46.7点(3人)

  • 観たひと

    6

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2006/10/7
上映時間 95分
製作会社 レジェンド・ピクチャーズ
配給 アルゴ・ピクチャーズ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督瀬々敬久 
脚本瀬々敬久 
企画利倉亮 
プロデューサー江尻健治 
山地昇 
制作白石香織 
撮影芦澤明子 
美術西村徹 
音楽安川午朗 
録音山口勉 
編集桐畑寛 
キャスティング関根浩一 
助監督松岡邦彦 

キャスト

出演黒沢あすか 山本アキ
山下葉子 黒木裕子
未向 キリコ
下元史朗 
戸波山文明 
武田修宏 黒木秀雄
光石研 
長門勇 山本辰男

解説

ある日突然、一人の子供が消えた。やがて浮かびあがってくる悲劇の真相とは。子供たちの生命が脅かされる不穏な時代の空気に共振した野心作。監督は、「HYSTERIC」「DOG STAR」「肌の隙間」の瀬々敬久。二人のヒロインに「嫌われ松子の一生」の黒沢あすかと、「油断大敵」「青い車」などの山下葉子。

あらすじ

山本アキ(黒沢あすか)がタクシーの中で目覚めると、自由を奪われていた。彼女に振り向いた運転手は黒木裕子(山下葉子)だった。二年前の夏。裕子は夫と息子ミノルと過ごすために別荘地を訪れ、そこでアキと出会った。アキは夫と別れて酒浸りの生活を送っていた。そして、アキと裕子は肉体関係を結んでしまう。やがてミノルが忽然と姿を消した。その直後、アキは新たな夫(光石研)と生活を始めるが、アキは夫を昏睡状態にし部屋に灯油を撒き始めたのだった。そこへ突然裕子がやって来て、アキの父親が死んだことを伝えた。裕子はアキを求めるがアキは拒絶する。そんな中、子供の死体が発見され、裕子が駆けつけるがミノルではなかった。彼女は雨の中、泣き濡れていたキリコ(未向)を拾う。キリコは夫の暴力が原因で子供が死に、死体を夫と共に捨てたと言う。彼女はその夫を殺したと告白した。一方、アキの夫が焼死した事件で、焼け落ちた家の跡からは子供の白骨死体も発見され、ミノルの失踪との関連が浮上したがアキは何も知らないと突っぱねる。アキを乗せた車が別荘地に着いた。裕子は逃げ惑うアキにナイフを突き立てた。虫の息のアキは「私が殺した」と口にするが……。

関連するキネマ旬報の記事