男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

AA Signature:Aquirax 音楽批評家 間章

  • えーえーおんがくひょうろんかあいだあきら
  • AA Signaure: Aquirax
  • ----


  • 平均評点

    0.0点(0人)

  • 観たひと

    1

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー /
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2006/12/12
上映時間 644分
製作会社 ユーロスペース
配給 ユーロスペース
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督青山真治 
プロデューサー掘越謙三 
大野敦子 
撮影たむらまさき 
音楽ダウザー 
録音小沢靖 
編集大田和志 
プロダクション・マネージャー黒澤美穂 
特機多正行 
インタビュー大里俊晴 

キャスト

出演大友良英 本人
亀田幸典 本人
近藤等則 本人
佐々木敦 本人
清水俊彦 本人
副島輝人 本人
高橋巖 本人
竹田賢一 本人
灰野敬二 本人
平井玄 本人
本間亮 本人
湯浅学 本人

解説

1978年12月12日に32歳でこの世を去った音楽批評家・間章は、フリージャズ、プログレッシブ・ロックなどを積極的に日本に紹介し、ミュージシャンと恊働して新しい音楽活動に挑んでいった。そんな間章の“批評/運動”を探求する過程を縦糸に、彼が活動した不可視の70年代があぶり出されていく長編ドキュメンタリー(7時間23分)。インタヴューとライブ演奏を中心とした全6章のタイトルは、第1章「時代の未明から」、第2章「反復する未明」、第3章「非時と廃墟そして鏡」、第4章「僕はランチにでかける」、第5章「この旅に終わりはない」、第6章「来るべきものへ」。出演者は大友良英、亀田幸典、近藤等則、佐々木敦、清水俊彦、副島輝人、高橋巌、竹田賢一、灰野敬二、平井玄、本間亮、湯浅学、大里俊晴。2000年カンヌ国際映画祭“国際批評家連盟賞”を受賞した「EUREKA ユリイカ」の監督・青山真治が、制作時に講師を務めていた「映画美学校」のゼミ生とともに撮影開始から約5年の歳月をかけて完成させた。

あらすじ

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

関連するキネマ旬報の記事