男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)

  • めいたんていこなんたんていたちのれくいえむ
  • Detective CONAN -The Private Eyes Requiem
  • Detective CONAN -The Private Eyes Requiem

amazon


  • 平均評点

    70.6点(114人)

  • 観たひと

    340

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル アニメーション / サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2006/4/15
上映時間 111分
製作会社 「名探偵コナン」製作委員会
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督山本泰一郎 
演出山本泰一郎 
脚本柏原寛司 
ストーリーエディター飯岡順一 
原作青山剛昌 
企画諏訪道彦 
プロデューサー諏訪道彦 
吉岡昌仁 
アニメーションプロデューサー西村政行 
絵コンテ山本泰一郎 
キャラクターデザイン須藤昌朋 
メカデザイン牟田清司 
清水義治 
大浪太 
総作画監督須藤昌朋 
作画監督山中純子 
デザインワークス山中純子 
撮影監督野村隆 
美術監督渋谷幸弘 
美術設定菅野博司 
音楽大野克夫 
音楽プロデューサー加藤恭次 
主題歌B'z 
録音監督井澤基 
音響効果横山正和 
編集岡田輝満 
アソシエイトプロデューサー浅井認 
アシスタントプロデューサー斎藤朋之 
北田修一 
制作デスク大塚峰子 
特殊効果林好美 
3DCGIディレクター後藤優一 
色彩設計西香代子 
色指定長尾朱美 
袴田純子 
上田みず恵 
メインタイトルCGアニメーション西山仁 
エンディング監督瀧澤正治 
エンディングプロデューサー関義博 
エンディング制作竹原康生 
エンディングカメラマン平林寛信 
安西栄一 
エンディングスタイリスト山口さとみ 
エンディングVE林隼也 

キャスト

出演(声)高山みなみ 江戸川コナン(声)
神谷明 毛利小五郎(声)
堀川りょう 服部平次(声)
古谷徹 伊東末彦(声)
山崎和佳奈 毛利蘭(声)
平野文 清水麗子(声)
松井菜桜子 鈴木園子(声)
宮村優子 遠山和葉(声)
岩居由希子 吉田歩美(声)
高木渉 小嶋元太/高木刑事(声)
折笠愛 円谷光彦(声)
緒方賢一 阿笠博士(声)
高島雅羅 妃英理(声)
百々麻子 栗山緑(声)
林原めぐみ 灰原哀(声)
山口勝平 工藤新一/怪盗キッド(声)
石田彰 白馬探(声)
茶風林 日暮警部(声)
井上和彦 白鳥刑事(声)
石塚運昇 中森刑事(声)
湯屋敦子 佐藤刑事(声)
千葉一伸 千葉刑事(声)
大塚明夫 横溝重悟警部(声)
若本規夫 大滝警部(声)
小山真司 遠山刑事部長(声)
小山武宏 服部平蔵(声)
大沢在昌 警官(声)
野島昭生 深山総一郎(声)
田原アルノ 高田正雄(声)
小山力也 竜阿茶(声)
岩田光央 ホームレス・カズ(声)
梁田清之 刑事(声)
青山カイト ゴロ(声)
杉山佳寿子 占い師(声)
池本小百合 パソコン音声(声)
引田有美 アナウンス(声)
半場友恵 CRY部員(声)
遊佐浩二 CRY部員(声)
小野坂昌也 ひったくり(声)
小鴎 エンディング映像デモ(声)

解説

横浜を舞台に繰り広げられる推理ゲームに挑む、少年探偵・コナンとその仲間たちの活躍を描いた長篇アニメーション・シリーズの第10作。監督は「名探偵コナン 水平線上の陰謀 Strategy above the depths DETECTIVE CONAN」の山本泰一郎。青山剛昌による同名コミックを下敷きに、「まだまだあぶない刑事」の柏原寛司が脚本を執筆。撮影監督に「名探偵コナン 水平線上の陰謀 Strategy above the depths DETECTIVE CONAN」の野村隆があたっている。声の主演に「映画 ドラえもん のび太の恐竜2006」の高山みなみ。映画化10周年記念作品。

あらすじ

横浜にある高級ホテル”レッドキャッスル“にやって来たコナンと小五郎は、そこで謎の男からある事件の真相を突き止めて欲しいと挑まれる。制限時間は12時間、もし事件を解決出来なければ、隣接するテーマパーク”ミラクルランド“にいる蘭たちの腕にはめられたフリーパスIDが爆発すると言う。早速、調査にあたったコナンは、依頼者から出されるヒントを頼りに、同じくこのゲームに参加させられていた平次ら高校生探偵たちと、その事件が、以前、馬車道で起こった現金輸送車襲撃と、その数日後に発生した容疑者・西尾射殺事件であることを掴む。そして、そこに浮かび上がった人物こそ、それら事件の首謀者でゲームの依頼人でもある伊東末彦であった。かつて、横浜海洋大学で犯罪研究会に所属していた伊東。彼は、完璧な計画の下、同期生だった西尾と現金輸送車の襲撃を実行した。ところが、西尾がへまをやらかしたことから計画は崩れ、偶然別の場所で盗みを働いていた怪盗キッドに顔まで見られてしまった。そこで、プライドを傷つけられた伊東は西尾を射殺。キッドの命も狙うのだが、逆に何者かに命を狙われ、瀕死の重傷を負わされた。自分の命を狙った者は誰なのか? 彼は、余命幾ばくもない自分に代わって、優秀な探偵たちにそれを突き止めて欲しかったのだ。果たして、その犯人は――現金輸送車襲撃事件の共犯者で、事件後、自殺したと見られていた麗子であった。麗子は、奪った金を独り占めすべく西尾を射殺し、自ら命を絶ったと見せかけて、伊東をも手にかけようとしたのだ。愛していた麗子の裏切り。伊東にとって、信じたくない真相であった。こうして、時間ぎりぎり事件は解決。麗子は逮捕され、伊東も命尽きるが、コナンたちの活躍によってIDの起爆装置も無事解除されるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年6月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌