男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

小さき勇者たち ガメラ

  • ちいさきゆうしゃたちがめら
  • Gamera the Brave
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    60.4点(62人)

  • 観たひと

    135

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル ファンタジー
製作国 日本
製作年 2006
公開年月日 2006/4/29
上映時間 96分
製作会社 「小さき勇者たち~ガメラ~」製作委員会
配給 松竹
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督田崎竜太 
特撮演出金子功 
脚本龍居由佳里 
企画佐藤直樹 
製作黒井和男 
プロデューサー有重陽一 
椋樹弘尚 
撮影鈴木一博 
村川聡 
美術林田裕至 
春日佳行 
音楽上野洋子 
音楽プロデューサー和田亨 
主題歌ミンク 
録音矢野正人 
音響効果柴崎憲治 
照明上妻敏厚 
白石宏明 
編集平澤政吾 
キャスティング杉野剛 
ラインプロデューサー飯塚美穂 
助監督大野伸介 
松田康洋 
スクリプター飯塚美穂 
田口良子 
視覚効果松本肇 
操演関山和昭 
怪獣造形原口智生 
アクションコーディネーター阿部光男 
宣伝プロデューサー小林剛 
装飾茂木豊 
製作担当朝比奈真一 
岩城一平 

キャスト

出演富岡涼 相沢透
夏帆 西尾麻衣
津田寛治 相沢孝介
寺島進 西尾治
奥貫薫 西尾晴美
石川眞吾 
成田翔吾 
石丸謙二郎 雨宮宗一郎
田口トモロヲ 一ツ木義光

解説

1965年「大怪獣ガメラ」以来、怪獣ブームの一翼を担ってきたガメラと少年との心の交流と成長を描いた冒険ファンタジー。監督は平成『仮面ライダー』シリーズ等で研ぎ澄まされたドラマ作りに定評のある田崎竜太。脚本は『砂の器』『星の金貨』など数々のヒットドラマを生み出した龍居由佳里。特撮演出は「阿修羅城の瞳」「Avalon」の金子功。出演は富岡涼、夏帆といったフレッシュな顔ぶれに加え、津田寛治、寺島進、奥貫薫、石丸謙二郎、田口トモロヲと演技派が脇を固めている。

あらすじ

美しい海辺が広がる伊勢志摩地方。事故で母を失った相沢透(富岡涼)は、浜辺で、赤い石の上に乗った小さな卵を見つける。手に取ろうとした瞬間、ひびが入り、中から小さな亀が誕生した。透は、その亀を「トト」と名づけてかわいがり、母のいない寂しさを紛らわせた。透の父・孝介(津田寛治)は、家で食堂を経営しているため、一切のペットを禁じていた。透は孝介の目に触れぬよう、トトを隠した。そのとき、トトが突然空中に浮かび上がった。透の家の隣にある真珠店の娘・西尾麻衣(夏帆)は、そのトトを目撃してしまう。トトの生態に不安を感じた麻衣は、33年前、自らの生命と引き換えに人間を守った怪獣・ガメラとの関連を指摘する。だが、透はトトが怪獣かもしれないことを認めようとしなかった。実は麻衣には疾病があり、名古屋の大病院で手術を受けなければならなかった。麻衣の手術を知った透は、お守りとして赤い石を手渡す。その石こそ、トトの卵が乗っていた石だった。その頃、伊勢湾では、海難事故が続発していた。そして突然、トトがいなくなった。トトを探す透。その時、警報が鳴り響く。まもなく、浜辺で火の手が上がり、怪獣ジーダスが出現。海辺の街を破壊し始めた。父・孝介と共に逃げる透。その耳に「ガメラだ!」と言う人々の声が飛び込んできた。振り返った透が見たものは、巨大なジーダスに小さな身体で懸命に挑むトトの姿であった。傷だらけになりながらも、どうにかジーダスを海に落としたトト。しかし、自らも力を使い果たしてしまっていた。トトは捕獲され、内閣府の参事官・一ッ木(田口トモロヲ)の指示のもと、研究者・雨宮(石丸謙二郎)の管理下に置かれてしまう。そしてその夜、麻衣の両親・西尾治(寺島進)と晴美(奥貫薫)から、麻衣の手術の成功を知らせる電話が入った。麻衣は、「トトに石を返したい」と言ったという。翌早朝。病院にいる麻衣から赤い石を受け取り、トトに届けようと透は慣れぬ大都市・名古屋に向かう。しかしその名古屋に怪獣ジーダスが上陸する。次々と破壊されてゆく街。しかし、透は走り続ける……。

関連するキネマ旬報の記事

2006年7月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:小さき勇者たち~ガメラ~

2006年6月下旬号

劇場公開映画批評:小さき勇者たち~ガメラ~

2006年5月上旬号

作品特集 「小さき勇者たち~ガメラ~」:津田寛治 インタビュー

作品特集 「小さき勇者たち~ガメラ~」:田崎竜太監督 インタビュー

作品特集 「小さき勇者たち~ガメラ~」:作品評