男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

僕のニューヨークライフ

  • ぼくのにゅーよーくらいふ
  • ANYTHING ELSE
  • ANYTHING ELSE

amazon


  • 平均評点

    65.5点(52人)

  • 観たひと

    109

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ フランス オランダ イギリス
製作年 2003
公開年月日 2006/1/21
上映時間 112分
製作会社 グラヴィエ・プロダクションズ
配給 日活
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

若手コメディ作家が、気まぐれな恋人と風変わりな先輩作家に翻弄されるラヴ・コメディ。監督・脚本・主演は「さよなら、さよならハリウッド」、「メリンダとメリンダ」(監督・脚本のみ)のウディ・アレン。撮影は「ザ・インタープリター」のダリウス・コンジ。美術はアレン作品常連のサント・ロカスト。編集は「ギター弾きの恋」からアレン作品常連のアリサ・レプセルター。衣裳は「レクイエム・フォー・ドリーム」のローラ・ジーン・シャノン。共演は「世界で一番パパが好き!」のジェイソン・ビッグス、「モンスター」のクリスティーナ・リッチ、「Be Cool/ビー・クール」のダニー・デヴィート、「理想の恋人.com」のストッカード・チャニング、「TAXI NY」のジミー・ファロン。

あらすじ

ジェリー(ジェイソン・ビッグス)はニューヨークに住む21歳の新進コメディ作家。仕事でそこそこの成功を収めた彼の目下の悩みは、お互いに恋人がいる状態で結ばれた、女優の卵である恋人アマンダ(クリスティーナ・リッチ)との仲がしっくりいかないこと。半年に及ぶセックスレス生活と、突然アパートに転がり込んできたアマンダの母ポーラ(ストッカート・チャニング)との同居。二重の苦難を堪え忍ぶジェリーの前には、アマンダの浮気疑惑も持ち上がり、苦しさは増すばかり。そんな中、教師をしながらコメディの台本を書いている年上の友人ドーベル(ウディ・アレン)は、相当な変人にもかかわらず、ジェリーの唯一の相談相手だった。やがてアマンダの浮気が判明した頃、ジェリーはドーベルから、TVの放送作家としてコンビを組んでカリフォルニアへ移住する話を持ち掛けられる。ジェリーはいろんなしがらみを断ち切ることに悩むが、やがてマネージャーのハーヴィ(ダニー・デヴィート)にクビを告げ、アマンダともすっきり別れた。一方、ドーベルは思わぬトラブルが発生し、別の土地に雲隠れすることに。かくしてジェリーは単身で、カリフォルニアへ向かうのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年3月下旬号

劇場公開映画批評:僕のニューヨークライフ

2006年3月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:僕のニューヨークライフ

2006年2月上旬号

特別企画 傑作・快作・感動作厳選! 冬のミニシアター2006:「僕のニューヨークライフ」ウディ・アレン監督 インタビュー

特別企画 傑作・快作・感動作厳選! 冬のミニシアター2006:「僕のニューヨークライフ」ウディ・アレン監督 作品評