男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブラッドレイン

  • ぶらっどれいん
  • Bloodrayne
  • Bloodrayne
  • 平均評点

    38.4点(17人)

  • 観たひと

    36

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ホラー / アクション
製作国 アメリカ ドイツ
製作年 2005
公開年月日 2006/4/29
上映時間 94分
製作会社 表記なし
配給 日活
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

18世紀のルーマニアで、半分人間で半分ヴァンパイアの<ダムフィア>である娘が己の能力に覚醒し、運命に立ち向かっていくホラー・アクション。人気ゲームを「ハウス・オブ・ザ・デッド」のウーヴェ・ボル監督が映画化。出演は「ターミネーター3」のクリスタナ・ローケン、「オリバー・ツイスト」のサー・ベン・キングズレー、「キル・ビル」のマイケル・マドセン。

あらすじ

18世紀、ヴァンパイアが蔓延するルーマニアのとある村。レイン(クリスタナ・ローケン)は半分人間で半分ヴァンパイアの<ダムフィア>で、囚われの見世物になっている。レインはある晩、レイプされようとした時、眠っていた本能が覚醒。初めて人間の生き血を吸いサーカス団の友人までをも殺しかけたレインは、怒りと後悔の念に苛まれつつ森の中へ逃走する。一方、ヴァンパイアと闘う「業火の会」のウラジミール(マイケル・マドセン)、セバスチャン(マシュー・デイヴィス)、キャタリン(ミシェル・ロドリゲス)は、レインの事件を知り彼女を追跡し始める。レインは占い師に、父親は最強のヴァンパイアと恐れられているケイガン(サー・ベン・キングスレー)であること、そしてケイガンが母親を殺したことを教えられる。レインは、母親の仇をとるためケイガンへの復讐を決意する。レインは修道士から、伝説の“ベリアーの3つの遺物”のひとつである“目”を手に入れればケイガンに会えると示唆される。更にケイガンは遺物のひとつである“肋骨”を既に手に入れており、残る“目”と“心臓”を合わせ3つを手中にした時、世界を征服できるパーフェクト・ヴァンパイアが誕生してしまうことも知る。レインは“目”を手に入れ、危ういところをウラジミールたちに助けられる。<ダムフィア>として「業火の会」の檻に監禁されるレインだが、ケイガンへの復讐を語ることによって、次第に信頼関係が生まれていく。しかしレインたちが「業火の会」の砦を離れている隙に、ケイガンの部隊が砦を急襲。目的は自分であると確信したレインは、単独ケイガンの砦へと向かう。レインの父との戦いが始まった。

関連するキネマ旬報の記事