男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

麦の穂をゆらす風

  • むぎのほをゆらすて
  • The Wind That Shakes the Barley
  • The Wind That Shakes the Barley
  • 平均評点

    76.1点(200人)

  • 観たひと

    345

  • 観たいひと

    31

  • レビューの数

    38

基本情報

ジャンル 戦争
製作国 アイルランド イギリス ドイツ イタリア スペイン
製作年 2006
公開年月日 2006/11/18
上映時間 126分
製作会社 シクスティーン・フィルムズ=マタドール・ピクチャーズ=レジェント・キャピタル=UKフィルム・カウンシル
配給 シネカノン
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

アイルランド独立戦争から内戦に至る歴史の中で生まれた悲劇を描く人間ドラマ。監督はイギリス映画界の至宝ケン・ローチ(「大地と自由」)。主演は映画の舞台であるアイルランド出身のキリアン・マーフィー(「バットマン・ビギンズ」)。2006年度カンヌ映画祭の最高賞・パルムドールを受賞している。

あらすじ

アイルランド、1920年。イギリスの支配に対抗しようと、アイルランド独立を求める人々の動きは徐々に高まりを見せていた。それに対してイギリスからは武装警察隊が送り込まれ、理不尽な暴力を人々に振るっていた。暴力に屈しない若者たちが次々に殺されていく。ロンドンで病院の仕事が決まっていたデミアン(キリアン・マーフィー)だが、出発の当日、列車の運転士たちが、無理やり乗り込もうとするイギリス兵たちを断固として拒否した姿を見て戦いに加わる決心をした。闘士たちのリーダー格はデミアンの兄・テディ(ポードリック・ディレーニー)だ。敵に拷問を受けても仲間を裏切ろうとしないテディ。そして戦いの中で再会したあの列車の運転士ダン。闘志を貫く仲間たちの中でデミアンもまた、己の使命に目覚めていく。ゲリラ戦は功を奏し、ついにイギリスは停戦を申し入れた。喜ぶデミアンたち。しかし講和条約は依然としてイギリスに都合のいいものだった。アイルランドの中で条約に賛成する者と反対する者に分かれて対立が始まった。それはやがてアイルランド人同志が戦う内戦へと向かってしまう。条約に賛成する兄・テディは政府軍へ、完全な自由を求めて条約に反対する弟・デミアンは再びゲリラ活動へ。兄弟もいつの間にか敵対する立場になっていた。その戦いの中でついにデミアンが政府軍に囚われてしまう。テディは仲間の居場所と武器のありかを喋るようにデミアンを促すが、デミアンは断固として味方を売ることを拒否するのだった。テディは本心とは裏腹にデミアンに処刑を告げざるを得なかった。そして銃殺の時が来た。動揺に身を震わせながら銃撃を命ずるテディ。崩れ落ちたデミアンの亡骸を抱きしめてテディは激しく泣きじゃくった。テディがデミアンの妻・シネードに夫の死を告げにいく。それを聞いたシネードは、もう二度と顔を見せるなと泣き叫び、テディを激しく撥ねつける。

関連するキネマ旬報の記事

2007年5月上旬号

DVDコレクション:第311回 「麦の穂をゆらす風」

2007年1月上旬特別号

劇場公開映画批評:麦の穂をゆらす風

2006年12月上旬特別号

作品特集 「麦の穂をゆらす風」:ケン・ローチ監督 インタビュー

作品特集 「麦の穂をゆらす風」:キリアン・マーフィー インタビュー

作品特集 「麦の穂をゆらす風」:作品評