男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ローズ・イン・タイドランド

  • ろーずいんたいどらんど
  • Tideland
  • Tideland

amazon


  • 平均評点

    65.4点(76人)

  • 観たひと

    178

  • 観たいひと

    33

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ファミリー
製作国 イギリス カナダ
製作年 2005
公開年月日 2006/7/8
上映時間 117分
製作会社 カプリ・フィルムズ=レコーデッド・ピクチャー・カンパニー
配給 東北新社
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演ジョデル・フェルランド Jeliza-Rose/Voices of Sateen Lips, Glitter Gal, Mustique and Baby Blonde
ジェフ・ブリッジス Father/Noah
ジェニファー・ティリー mother/Queen Gunhilda
ジャネット・マクティア Dell
ブレンダン・フレッチャー Dickens
出演(声)ウェンディ・アンダーソン (声)Squirrel's Voice

解説

アメリカの若手人気作家ミッチ・カリンの同名小説を、「ブラザーズ・グリム」のテリー・ギリアム監督が映画化。『不思議の国のアリス』をベースに、グロテスクな現実を幻想で彩る少女の精神世界を描く。主人公ジェライザ=ローズを演じるのは、カナダ出身の子役ジョデル・フェルランド。共演に「ドア・イン・ザ・フロア 」のジェフ・ブリッジス。

あらすじ

『不思議の国のアリス』を読むのが大好きな10歳の少女、ジェライザ=ローズ(ジョデル・フェルランド)は、学校には行っていない。彼女の役目は、元ロックスターでジャンキーのパパ、ノア(ジェフ・ブリッジス)の世話や、ママ(ジェニファー・ティリー)の足をマッサージしてあげることだ。ある日、ママがオーバードースで死んでしまう。ローズはノアとふたりでママの葬式すると、バスでノアの故郷テキサスへ行く。亡き祖母の家に着くと、ノアはマリファナを吸い"バケーション"に出てしまった。家の周りは見渡すかぎり金色の草原で、真ん中を1日に1回だけ列車が通る。探索の旅に出たローズは、黒ずくめの服を着た幽霊のような女(ジャネット・マクティア)と出会う。夜になり、お腹の空いたローズはパパに甘えるが、ノアは"バケーション"から戻らない。明くる日、空腹と孤独に襲われた彼女はなんとか父の気を引こうとするが、ノアはまったく反応しない。ローズは草原で遊んでいると幽霊女にまた遭遇し、彼女がまだ幽霊ではないことを知る。女はデルといい、弟のディケンズ(ブレンダン・フレッチャー)と二人で暮らしていた。手術で頭にイナズマ型の傷をもつディケンズは、精神年齢が10歳で止まっていた。ローズはディケンズに淡い恋心を抱き始める。次の日、ローズが目覚めると家の中は水でいっぱいで、草原は海と化していた。ディケンズの家まで草原を泳いで渡るが、そこでデルの秘密を目撃する。デルは昔、パパの恋人だったのだ。剥製職人のデルは、自分の母親の骸骨を大事に保管していた。ローズとディケンズの仲を察したデルはローズに挑みかかり、ローズは泣きながら家に逃げ帰る。その夜、草原で列車が事故を起こし、大惨事となる。世界の終わりがやって来たと思ったローズは現場に吸い寄せられ、生き残った乗客の女性から抱きしめられるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2007年2月上旬号

DVD作品特集:「ローズ・イン・タイドランド」