男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ユナイテッド93

  • ゆないてっどないんてぃーすりー
  • United 93
  • United 93

amazon


  • 平均評点

    73.2点(252人)

  • 観たひと

    442

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    36

基本情報

ジャンル 社会派
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2006/8/12
上映時間 111分
製作会社 シドニー・キンメル・エンタテインメント=ワーキング・タイトル
配給 UIP
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

2001年9月11日、ユナイテッド93便がペンシルベニア州に悲運の墜落を遂げるまでをドキュメンタリー・タッチで描く人間ドラマ。「ボーン・スプレマシー」のポール・グリーングラスが監督し、亡くなった40名の家族・友人や、航空管制官、軍関係者への膨大なインタビューに基づいて製作された。

あらすじ

2001年9月11日。ニューアーク空港発サンフランシスコ行き「ユナイテッド93便」は朝の離陸ラッシュに巻き込まれ、予定時刻を30分ほど遅れて出発しようとしていた。機内には40名の乗客乗員が同乗した。最初に異常に気がついたのはボストン管制センターだった。通信が途絶えていたアメリカン11便から、「操縦室を制圧した。静かにしろ。空港に戻る」という声が聞こえてきた。ボストン発ロス行きで乗客は92名。その情報はニューヨーク州ローム北東地域防空指令センターにも伝えられ、臨戦体制がとられた。11便から傍受した通信を分析した結果、その声はハイジャックした機のことを「プレーンズ」と複数で呼んでいる。その時、ワールド・トレード・センター北棟に、アメリカン11便が激突する。続いてユナイテッド175便が通信不能となり、ワールド・トレード・センター南棟に激突。ユナイテッド93便は穏やかなフライトを続けていた。その時、突然テロリストたちが動き始め、爆弾を持って操縦室を占拠した。機内は混乱状態となり、地上からワールド・トレード・センターの悲劇を聞いた彼らは、これは自爆テロであり自分たちの機もどこかのターゲットに向かっていることを確信する。丁度その頃、ハイジャックされた3機目のアメリカン77便が国防総省に墜落したという情報が各所に入る。絶望の中で乗客乗員たちは、被害を最小限に食い止めようとわずかな武器でテロリストに立ち向かうことを決意する。そして93便はターゲットに到達することなく、ペンシルヴェニア州に墜落した。

関連するキネマ旬報の記事

2006年10月下旬号

特別企画 あなたはどう見た?「ユナイテッド93」:

2006年9月下旬号

劇場公開映画批評:ユナイテッド93

2006年8月下旬号

巻頭特集 「ユナイテッド93」映画に何が語れるのか:ポール・グリーングラス監督 インタビュー

巻頭特集 「ユナイテッド93」映画に何が語れるのか:9.11事件当事者が語る

巻頭特集 「ユナイテッド93」映画に何が語れるのか:アメリカでの批評と観客の反応

巻頭特集 「ユナイテッド93」映画に何が語れるのか:評論家に聞く

巻頭特集 「ユナイテッド93」映画に何が語れるのか:映画監督に聞く 熊井啓

巻頭特集 「ユナイテッド93」映画に何が語れるのか:映画監督に聞く 原田眞人

巻頭特集 「ユナイテッド93」映画に何が語れるのか:報道関係者に聞く 鳥越俊太郎

巻頭特集 「ユナイテッド93」映画に何が語れるのか:報道関係者に聞く 川村晃司

巻頭特集 「ユナイテッド93」映画に何が語れるのか:「ユナイテッド93」作品評

巻頭特集 「ユナイテッド93」映画に何が語れるのか:事件を描いたアメリカ映画史

巻頭特集 「ユナイテッド93」映画に何が語れるのか:9.11を描いた映画たち