男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

フーリガン

  • ふーりがん
  • Green Street/Hooligans/Green Street Hooligans
  • Green Street/Hooligans/Green Street Hooligans
  • 平均評点

    65.5点(25人)

  • 観たひと

    49

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ イギリス
製作年 2005
公開年月日 2006/6/17
上映時間 109分
製作会社 オッド・ロット・エンターテインメント
配給 ワイズポリシー
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ジャーナリスト志望のアメリカ人青年がロンドンでフーリガン・チームと知り合い、危険かつ陶酔的な暴力の魅力に取り憑かれる異色の青春ドラマ。監督・脚本・原案は「Johnny Flynton」で2002年度アカデミー賞短編実写映画賞にノミネートされたレクシー・アレキサンダー。出演は「ロード・トゥ・ヘル」のイライジャ・ウッド、「コールド マウンテン」のチャーリー・ハナム、「ペンタゴン文書/合衆国の陰謀」のクレア・フォーラニ。

あらすじ

マット(イライジャ・ウッド)は、ルームメイトにより麻薬売買の罪を着せられ逮捕され、卒業を間近にして放校処分となる。居場所をなくしたマットは、姉のシャノン(クレア・フォーラニ)を頼りロンドンへ逃げる。姉夫婦の自宅に、シャノンの夫の弟ピート(チャーリー・ハナム)が現れる。ピートはサッカー・プレミアリーグ<ウェストハム・ユナイテッド>の筋金入りのサポーターだった。高らかに応援歌を歌うピートとその友人たちに触発され、初めてサッカー観戦をしたマットはたちまち魅了されてしまう。試合後、マットはサポーター同士の悪意に満ちた喧嘩に巻き込まれる。経験したことのない興奮状態のなかで殴られたマットだが、魂の底から湧き上がるような快感を覚えていた。ほどなくして、彼は自らが<ウェストハム>のフーリガン・ファームのメンバーになってしまったことに気付かされた。ファームの名は「グリーン・ストリート・エリート(GSE)」。ピートがそのリーダーだった。ファームの目的はただひとつ―国中でもっとも畏怖される集団となること、そのためには手段は選ばない。GSEにとっての最大のライバルは<ミルウォール>のファームだった。彼らのリーダーは、その残忍さで知られるトミー(ジェフ・ベル)。10年前にGSEとの抗争で息子を亡くしていた。当時のGSEリーダーがファームを辞めて以来両グループは闘いのチャンスを狙っているのだった。マットはファームのあり方に抵抗を感じつつも、GSEのメンバー間に存在する、まるで兄弟同士のような友情に魅せられていく。マットは腕っ節の強さに誇りをもち、グループへの帰属意識と忠誠心を高め、アドレナリンの高まりに快感を覚えていくようになっていく。

関連するキネマ旬報の記事

2006年8月下旬号

劇場公開映画批評:フーリガン