男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ピンクパンサー

  • ぴんくぱんさー
  • The Pink Panther
  • The Pink Panther

amazon


  • 平均評点

    62.3点(79人)

  • 観たひと

    155

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2006
公開年月日 2006/5/13
上映時間 93分
製作会社 ロバート・シモンズ・プロダクションズ
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

無能なフランス人警部が、ダイヤモンド盗難事件をめぐって奮闘するコメディ。1963年から始まったシリーズ作品のリメイク。監督は『12人のパパ』シリーズ(V)、「ジャスト・マリッジ」のショーン・レヴィ。脚本・主演は『12人のパパ』シリーズ(V)、「ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション」(出演のみ)のスティーヴ・マーティン。共同脚本は「プライベート・パーツ」のレン・ブラムほか。撮影は「トレジャー・ハンターズ」のジョナサン・ブラウン。音楽は「トレジャー・ハンターズ」「エレクトラ」のクリストフ・ベック(テーマ曲はオリジナルのヘンリー・マンシーニ)。美術は「ラスト サムライ」のリリー・キルヴァート。衣裳は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのジョセフ・G・オーリシ。共演は「五線譜のラブレター」のケヴィン・クライン、「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ」のジャン・レノ、「ファイティング・テンプテーションズ」のビヨンセ・ノウルズ、「奥さまは魔女」のクリスティン・チェノウィス、「Dear フランキー」のエミリー・モーティマー、「エミリー・ローズ」のヘンリー・ツェーニー。

あらすじ

サッカーのフランス代表チームが中国代表に勝利した直後、フランス代表を率いるイヴ・グルアン監督(ジェイソン・ステイサム、クレジットなし)が、恋人であるポップ・スターのザニア(ビヨンセ・ノウルズ)の横で、何者かに殺される事件が発生する。そして混乱の中、彼が身につけていた高価なダイヤモンドの指輪”ピンクパンサー“が消えてしまう。捜査を指揮するドレイフュス警視(ケヴィン・クライン)は、意外にもドジなトラブルメーカーのクルーゾー警部(スティーヴ・マーティン)を捜査に抜擢。そうして世間の注目を彼に集中させて、自分はのびのびと捜査を進めて手柄を独り占めにしようという魂胆だ。クルーゾーと秘書のニコール(エミリー・モーティマー)、そしてアシスタントのジルベール・ポントン(ジャン・レノ)は、手がかりを追ってパリ全域を回ったあと、ニューヨークへと捜査を進める。だが犯人は逮捕できず、またパリに戻ることになった。しかしクルーゾーは、飛行機にハンバーガーを持ち込もうとしたところ、麻薬密輸だと勘違いされ、空港で自分が逮捕されてしまう。フランスの恥として新聞を飾ったクルーゾーだが、謹慎して自宅にこもっている時に、自分が載った新聞の写真を見て犯人に気づく。犯人は、ロシアから来たトレーナーのユーリ(ヘンリー・ツェーニー)だった。そしてピンクパンサーは、ザニアが隠し持っていたのだが、晴れて正式にザニアの物になる。お手柄のクルーゾーは一躍ヒーローとなり、一方、ドレイフュス警視は大怪我して散々な目に合うのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年7月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:ピンクパンサー

2006年6月下旬号

劇場公開映画批評:ピンクパンサー

2006年5月下旬号

作品特集 「ピンクパンサー」:「ピンク・パンサー」シリーズ総論

作品特集 「ピンクパンサー」:新作「ピンクパンサー」関係者は語る

作品特集 「ピンクパンサー」:「ピンク・パンサー」事件簿