男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ハード キャンディ(2006)

  • はーどきゃんでぃ
  • Hard Candy
  • Hard Candy
  • 平均評点

    67.2点(83人)

  • 観たひと

    163

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2005
公開年月日 2006/8/5
上映時間 103分
製作会社 ヴァルカン・プロダクション
配給 クロックワークス=ファントム・フィルム
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演パトリック・ウィルソン Jeff Kohlver
エレン・ペイジ Hayley Stark

解説

インターネットで知り合った少女と男性の壮絶な駆け引きを描くサイコ・スリラー。出演は「オペラ座の怪人」のパトリック・ウィルソン、新進女優のエレン・ペイジ。監督はこれが長編デビューとなるデイヴィッド・スレイド。

あらすじ

好奇心旺盛な14歳の少女ヘイリー(エレン・ペイジ)は、出会い系サイトのチャットで32歳の売れっ子ファッション・フォトグラファー、ジェフ(パトリック・ウィルソン)と仲良くなる。三週間のやりとりを経て、実際に会う約束をする二人。カフェで待ち合わせ、ヘイリーに一目で惹きつけられたジェフは、彼女を自宅に誘いこむ。彼はいつもこんな手順で、少女たちと自宅で淫らな行為に及んでいたのだった。無邪気に付いてきたヘイリーの写真を撮りまくるジェフ。ヘイリーに危険が迫っているかに見えたが、しかし事態は逆転する。ヘイリーはカクテルを作ってジェフに飲ませ、まもなく彼は倒れこんでしまった。ジェフが気づいた時には、キッチン台に体を縛り付けられていた。そしてヘイリーは、父親のものだという医学書を片手に、ジェフの性器を切り取ろうとする。彼女は、彼がたくさんの少女たちに犯した罪の代理復讐のため、危険なゲームを仕掛けたのだった。ジェフの去勢手術を容赦なく進めていくヘイリー。手術が終了したあと、ジェフは何とか逃げ出そうとするが、ヘイリーの方が上手でまた気を失わされてしまう。再び彼が目を覚ますと、部屋にヘイリーの姿はなかった。彼女の正体を確かめようとしたジェフは、屋上にいるヘイリーを見つけ、「お前は誰なんだ?」と怒り狂いながら問いただす。するとヘイリーは「あなたが欲情したすべての少女よ」と答えた。そしてヘイリーは、ジェフが愛するシャネルという女性に連絡し、この家に向かうよう仕向けたと告げる。自分が少女たちにしてきたことを、シャネルに知られるのを恐れてうろたえるジェフ。そんな彼の首に、ヘイリーは優しく縄をかける。そして屋上の縁に向かってゆっくり歩き始めたジェフは、そのまま飛び降りて自殺するのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年臨時増刊 NO MOVIE, NO GIRL vol.2

これを見落とすな!ガールズムービー:エレン・ペイジ「ハード キャンディ」

1999年11月上旬号

COMING SOON:ハード・キャンディ